源泉徴収義務者が源泉所得税及び復興特別所得税を納め過ぎたときには、「源泉所得税及び復興特別所得税の誤納額還付請求書」PC用サイトを開きます(以下「還付請求書」といいます。)を作成し、誤りが生じた事実を記載した帳簿書類の写しを添付して、源泉所得税の納税地の所轄税務署長に提出することで、納め過ぎた源泉徴収税額(以下「過誤納金」といいます。)の還付を請求することができます。
 還付請求できる過誤納金とは、次に掲げる額をいいます。

  1. (1) 源泉徴収義務者における源泉所得税及び復興特別所得税額の計算誤り等による過誤納金
  2. (2) 支払額が誤払等により過大であったため返還を受けたことによる過誤納金
  3. (3) 支払額が条件付のものであったため返還を受けたことによる過誤納金

 また、過誤納金が給与や賞与に係るものであるときは、上記還付請求書に代えて「源泉所得税及び復興特別所得税の誤納額充当届出書」PC用サイトを開きますを提出することで、その過誤納金に相当する金額を、届出書を提出した日以後に納付すべきこととなる給与や賞与に対する源泉所得税及び復興特別所得税の額から控除することができます。

(通則法56、復興財確法28、所基通181〜223共-6)

(令和2年4月1日現在の法令等によっています。)