所得税の税率は、分離課税に対するものなどを除くと、5%から45%の7段階(平成19年分から平成26年分までは5%から40%の6段階)に区分されています。
 課税される所得金額(千円未満の端数金額を切り捨てた後の金額です。)に対する所得税の金額は、次の速算表を使用すると簡単に求められます。

(平成27年分以降)

  1. 1 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が195万円以下の場合
    5%を乗じます。
  2. 2 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が195万円を超え330万円以下の場合
    10%を乗じた金額から97,500円を差し引きます。
  3. 3 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が330万円を超え695万円以下の場合
    20%を乗じた金額から427,500円を差し引きます。
  4. 4 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が695万円を超え900万円以下の場合
    23%を乗じた金額から636,000円を差し引きます。
  5. 5 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が900万円を超え1800万円以下の場合
    33%を乗じた金額から1,536,000円を差し引きます。
  6. 6 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が1800万円を超え4000万円以下の場合
    40%を乗じた金額から2,796,000円を差し引きます。
  7. 7 4,000万円超
    45%を乗じた金額から4,796,000円を差し引きます。
    (注) 例えば、「課税される総所得金額」が700万円の場合には、求める税額は次のようになります。
     700万円×23%-63万6千円=97万4千円

 平成25年から平成49年までの各年分の確定申告においては、所得税と復興特別所得税(原則として、その年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納付することとなります。

【参考事項】
平成19年分から平成26年分までは、次の計算で求めます。

  1. 1 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が195万円以下の場合
    5%を乗じます。
  2. 2 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が195万円を超え330万円以下の場合
    10%を乗じた金額から97,500円を差し引きます。
  3. 3 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が330万円を超え695万円以下の場合
    20%を乗じた金額から427,500円を差し引きます。
  4. 4 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が695万円を超え900万円以下の場合
    23%を乗じた金額から636,000円を差し引きます。
  5. 5 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が900万円を超え1800万円以下の場合
    33%を乗じた金額から1,536,000円を差し引きます。
  6. 6 課税される総所得金額(1000円未満切捨て)が1800万円超
    40%を乗じた金額から2,796,000円を差し引きます。

(所法89、通法118、復興財確法8、9、10、13、18、平25改正所法附則5)

(平成29年4月1日現在の法令等によっています。)