ここから本文です。

ホーム東京国税局お酒チャンネル一都三県酒類関係組合の活動その他の活動 平成27年度

酒類関係組合の活動(その他の活動) 平成27年度

こちらは今までに掲載された情報です。内容は掲載時のものです。

中小酒類業者経営活性化研修を開催しました(東京小売酒販組合八南支部)

(平成28年2月15日更新)

中小酒類業者経営活性化研修の画像

東京小売酒販組合八南支部は、平成28年1月13日(水)、中小企業診断士の金綱潤先生を講師に迎え、「お金を掛けないで売上がUPする7つのポイント」をテーマに研修会を開催しました。

講義では、経営改善に取り組んだ酒販店の実例を具体的に示し、参加者同士のディスカッション等を行いました。

参加者からは、「酒販店の成功例を上げていただき新たな発見があった。」等の感想が寄せられ、有意義な研修となりました。

「平成27年度 酒造季節前講話会」を開催しました(山梨県酒造組合)

(平成28年1月15日更新)

平成27年度 酒造季節前講話会の画像1
平成27年度 酒造季節前講話会の画像2
平成27年度 酒造季節前講話会の画像3

山梨県酒造組合は、平成27年11月26日(木)、山梨県酒造会館において、「平成27年度 酒造季節前講話会」を開催しました。

当日は、杜氏や醸造担当者に対して、次のとおり講話を行い、活発な質疑応答が行なわれました。

《東京国税局鑑定官室》
「酒類製造技術指導と技術相談について」
「最近の吟醸造りに関して」

《東京国税局酒税課》
「酒税法及び食品表示法」

《山梨県工業技術センター》
「清酒・麹に関する研究」

 

「経営活性化研修会」を開催しました(東京小売酒販組合)

(平成27年12月15日更新)

「経営活性化研修会」を開催しました(東京小売酒販組合)1
「経営活性化研修会」を開催しました(東京小売酒販組合)2

東京小売酒販組合は、平成27年10月27日(火)、中小企業診断士の宮坂芳絵先生を講師に迎え「酒販店の接客とラッピング〜お酒の伝道師として〜」をテーマに活性化研修会を開催しました。

商品を「運ぶ」だけではなく「伝える」ことを意識した接客や、商品の価値を高めるラッピングについて実演を交えながらご講義をいただきました。

参加者からは「お客の立場に立った接客がいかに重要か改めて感じられた。」等の感想が寄せられ、有意義な研修となりました。

 

「清酒品質向上プロジェクト」を開催しました(山梨県酒造組合)

(平成27年11月10日更新)

「清酒品質向上プロジェクト」を開催しました(山梨県酒造組合)1
「清酒品質向上プロジェクト」を開催しました(山梨県酒造組合)2
「清酒品質向上プロジェクト」を開催しました(山梨県酒造組合)3

山梨県酒造組合は、平成27年9月16日(水)、第6回品質向上委員会として、山梨県産の清酒品質向上プロジェクトを開催しました。

当日は、東京国税局の鑑定官及び山梨県工業技術センターの研究員による「きき酒による勉強会」が行われ、「官能評価の方法」、「清酒のにおいとその由来」や「都道府県別の甘辛度や濃淡度の違い」についての講義、味・香の試料を用いたマッチングテスト、市販清酒を用いた評価法(プロファイル法・描写法)等を勉強しました。

参加者からは、「大変勉強になった。」「今後の酒造りに活かしたい。」等の感想が寄せられました。

 

「酒セミナー」を開催しました(神奈川県卸売酒販組合)

(平成27年7月24日更新)

「酒セミナー」を開催しました(神奈川県卸売酒販組合)

神奈川県卸売酒販組合は、平成27年6月10日(水)、独立行政法人酒類総合研究所との共催により「ワインのきき酒と品質管理」と題した酒セミナーを開催しました。
 当日は、甲州種のワインを中心としたきき酒や、光や熱がワインの品質にどのような悪影響を及ぼすかなど、商品知識についての講義が行われました。
 参加した組合員からは「非常に有意義であった」との声が寄せられました。

 

「公開講座『日本ワイン』を学ぶ」にて講演を行いました(山梨県ワイン酒造組合)

(平成27年7月24日更新)

「公開講座『日本ワイン』を学ぶ」にて講演を行いました(山梨県ワイン酒造組合)

平成27年6月5日(金)に関東農政局が主催した「公開講座『日本ワイン』を学ぶ」において、山梨県ワイン酒造組合の齋藤会長が「山梨に於ける甲州ワインの変遷」について講演を行いました。
 当日は募集人員を大幅に上回る来場者の中、齋藤会長が甲州ブドウの伝播の歴史から、山梨県のワイナリーの取組、年々需要が高まる甲州ワインの現状を解説し、来場者の好評を博しました。

 

「ラッピング研修会」を開催しました(東京小売酒販組合富坂支部・大塚支部)

(平成27年7月24日更新)

「ラッピング研修会」を開催しました(東京小売酒販組合富坂支部・大塚支部)1
「ラッピング研修会」を開催しました(東京小売酒販組合富坂支部・大塚支部)2

東京小売酒販組合富坂支部及び同大塚支部は、平成27年5月19日(火)、小石川法人会会議室において、中小企業診断士の宮坂芳絵先生を講師に迎え、「ラッピング研修会」を開催しました。

当日は、組合員23名の参加のもと、父の日にちなんで黄色いバラや、色違いの包装紙3枚を使用することによる色鮮やかなバラをモチーフにしたラッピングなど、実演を交えながら講義をしていただきました。

講義は和気あいあいとした雰囲気の中で行われ、参加者からは、「明るい色の包装紙を使うことで商品が華やかに見えて良い。」「もっと練習してお店で実践してみたい。」などの感想が寄せられ、大好評でした。

 

「酒セミナー」を開催しました(全国卸売酒販組合中央会東京支部)

「未成年者飲酒防止・飲酒運転防止キャンペーン」を実施しました(平成27年3月3日の様子)の写真

(平成27年4月6日更新)

全国卸売酒販組合中央会東京支部は、平成27年2月18日(水)独立行政法人酒類総合研究所との共催により「ワインについて」と題した酒セミナーを開催しました。

当日は、甲州ワインをきき比べ、製造方法による風味等の違いを体験したり、ぶどうの品種についての基礎知識や光や熱がワインの品質にどのような影響を及ぼすかといった商品知識について講義が行われました。

参加者からは「非常に有意義であった。」、「商品紹介の参考となった。」等の声が寄せられました。

 

「酒セミナー」を開催しました(千葉県卸酒販組合)

「酒セミナー」を開催しました(千葉県卸酒販組合)(平成27年2月13日(金)の写真
「酒セミナー」を開催しました(千葉県卸酒販組合)(平成27年2月13日(金)の写真2枚目

(平成27年4月6日更新)

千葉県卸酒販組合は、平成27年2月13日(金)、独立行政法人酒類総合研究所との共催により酒セミナーを開催しました。

当日は、ぶどうの品種や、光と熱がワインの品質にどのような影響を及ぼすかといった商品知識についての講義やテイスティング(きき酒)指導が行われました。

講義後の質疑応答では、参加者から活発な質問が寄せられ、充実した研修となりました。