ここから本文です。

ホーム東京国税局お酒チャンネル一都三県お酒のおもしろゼミ>あなたはお酒が強い人?弱い人?

あなたはお酒が強い人?弱い人?

東京国税局酒税課

モンゴロイドは「お酒に弱い」人種が多い?

人種が黒人、白人、黄色人種に分岐した後、モンゴロイド(蒙古系人種=黄色人種)の中に突然変異的に「ALDH2」の活性をなくした人が出現し、時代を経るにつれ、モンゴロイド系にはお酒に弱い人種が増えていきました。 
 ちなみに黒人、白人には「ALDH2」不活性型は見られません。

「ALDH2」不活性型の割合

  • 日本人・・・44%
  • タイ人・・・10%
  • ヨーロッパ系白人・・・0%
  • 北アメリカインディアン・・・0〜4%
  • 中国人・・・41%
  • フィリピン人・・・13%
  • アフリカ系黒人・・・0%

アルコールは肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって、アセトアルデヒドになり、更に、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により酢酸になり、
最終的に炭酸ガスと水 ALDHには2種類、1型:血中アセトアルデヒド濃度が高くなってから作用が始まり、ゆっくり分解する酵素(やや弱い酵素) 2型:血中アセトアルデヒド濃度が低い時点から作用する強力な酵素

  • ALDH2を多く持っているかどうかが、お酒に強い・弱いを決める。
  • ALDH2は遺伝するもので、お酒に強い・弱いは生まれつきの体質。

悪酔いって?

  • アルコールは、肝臓で無害な酢酸に分解される。
  • アルコールを分解する際には有害な「アセトアルデヒド」を生成してしまう。
  • 「ALDH2」という酵素の活性が高い人は、アセトアルデヒドを分解できる。
  • アセトアルデヒドを速やかに分解できないこと( 「ALDH2」 不活性)が悪酔いの原因といえる。
  • お酒を飲むと顔が赤くなる等の現象を「フラッシング反応」と言い、「お酒に弱い人」に特徴的な症状。

※ 「二日酔い」は、ほとんどの場合、体内にアルコールが残っている状態であり、大量飲酒に起因するものが多い。

鍛えて強くなった場合は危険!

アセトアルデヒドはミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)という酵素でも分解される。

MEOSは鍛えることによりその力が強くなってくるので、飲めない人が練習をしているうちに、飲めるようになることもある。

だだ、MEOSは数週間お酒をやめていると、元の状態に戻ってしまう。それに、MEOSを使いすぎると肝障害を起こしやすくなると言われている!

→ もともと飲めない人が飲めるようになったというのは、体にとっては危険なこと・・・!!

適正飲酒の推進

缶ビール・1缶のアルコール分解時間?

アルコールは肝臓で分解される

分解速度 ⇒ 成人で体重1kg当たり1時間に 0.1g

体重60kgの成人 1時間に 6g

アルコール5%の缶ビール350mLの中に含まれるアルコール量 350mL×5% ≒ 約20g

これ(約20g)を6gで割れば、分解にかかる時間は約3時間要する。

※個人差があるので留意してください。

ー適正飲酒の10か条ー

  • ○ 談笑し楽しく飲むのが基本です
  • ○ 食べながら適量範囲でゆっくりと
  • ○ 強い酒薄めて飲むのがオススメです
  • ○ つくろうよ週に二日は休肝日 
  • ○ 止めようよきりなく長い飲み続け
  • ○ 許さない他人への無理強い・イッキ飲み
  • ○ アルコール薬と一緒は危険です
  • ○ 飲まないで妊娠中と授乳期は
  • ○ 飲酒後の運動・入浴要注意
  • ○ 肝臓など定期検査を忘れずに 

出典:(社)アルコール健康医学協会