ここから本文です。

ホーム東京国税局お酒に関する情報平成29年酒類鑑評会の結果について1 鑑評会の開催目的等

1 鑑評会の開催目的等

(1) 目的

東京国税局管内の自らの製造場で醸造された清酒、本格焼酎及びビール・発泡酒について、品質評価及び製造技術研究会の開催を通じて、酒造技術基盤強化と管内で製造された酒類に対する認知度の向上を図り、もって酒類業の健全な発達に資することを目的とします。

(2) 開催日時及び場所

  開催日時 場所
審査 1審 平成29年10月3日(火)
1審 平成29年10月4日(水)
2審 平成29年10月6日(金)
東京国税局
鑑定官室
(9階)
表彰式 平成29年11月8日(水)
13時30分から14時30分まで
東京国税局
第10会議室B
(1階)
製造技術
研究会
平成29年11月8日(水)
14時30分から16時30分まで
東京国税局
第8及び第9会議室
(4階)

(3) 出品酒

東京国税局管内の自らの製造場において醸造した清酒、本格焼酎及びビール・発泡酒を対象とし、次のとおり区分しました。
 なお、清酒燗酒部門及び清酒純米燗酒部門、並びにビール・発泡酒部門については製造年度を問いませんが、それ以外の部門については平成28酒造年度(平成28年7月1日から平成29年6月30日)に製造したものとしました。

部門 製造年度 規格
特定名称 精米
歩合(%)
アルコール
添加量
成分
(アルコール度数)
清酒 吟醸 平成28
酒造年度
吟醸 60%以下 白米重量の10%以下 原酒
純米吟醸 平成28
酒造年度
純米
吟醸
60%以下 無添加 原酒
燗酒 清酒 市販酒
規格
純米燗酒 純米 無添加 市販酒
規格
本格焼酎 平成28
酒造年度
25.0以上
26.0未満
ビール・発泡酒 ビール又は発泡酒

(注) 規格は、「清酒の製法品質表示基準」(平成元年11月22日国税庁告示第8号)によります。


平成29年酒類鑑評会の結果について

  1. 1 鑑評会の開催目的等
  2. 2 出品状況
  3. 3 優等賞受賞製造場一覧
  4. 4 審査概況と出品酒の酒質
  5. 5 審査員
  6. 6 Tokyo Regional Sake Awards 2017(in English)