ここから本文です。

ホーム東京国税局統計情報>統計書利用上の注意(平成15年度)

東京国税局統計書利用上の注意

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

1 統計書の概況

この統計書は、東京国税局管内の平成15年度分の35種類の税務統計表、民間給与実態統計調査結果、会社標本調査結果及びそれらの参考表を収録したものである。この統計書に登載している税務統計等は、そのほとんどが、税務署で調査したものを国税局が取りまとめ、国税庁又は国税局で集計したものである。

2 利用上の注意

(1) 統計表の構成

イ 全体の構成は、第1編総括、第2編直接国税、第3編間接国税、第4編国税徴収、第5編その他及び付録の6区分からなっている。

ロ 計数は、原則として当局全管分を登載しているが、主要な統計表については、税務署別を掲げるとともに、税務統計表の主要項目については、累年比較を掲げた。

(2) 各表間の関連計数
 第2編直接国税及び第3編間接国税の各表の「税額」欄と第4編国税徴収の「徴収決定済額」欄の計数は、調査期間又は調査時点が相違しているため一致しない。

(3) 単位及び計数の処理方法

イ 各表の計数は、各欄ごとに単位未満の端数を四捨五入した。
 ただし、法人税諸表のうち、電算処理によるものについては、千円未満を切り捨てて集計した。
 したがって、内訳と計(計、小計、合計及び総計)とは一致しない場合がある。

ロ 単位未満の計数は「0」とし、該当する計数のないときは「−」と表示した。また、負の計数については「△」をもって表示した。

ハ 金額は原則として「千円」単位とし、人員、場数等は一部の表を除いて一位の単位によっている。

ニ 表中の「X」は、該当する件数が少数であるため、情報を保護する観点から計数を秘匿した箇所である。

(4) 主な統計表の調査対象期間と調査時点(PDF/158KB)