ここから本文です。

ホーム東京国税局報道発表資料(プレスリリース)目次>平成22年度 租税収納状況について

平成22年度 租税収納状況について

1 概況

 東京局における平成22年度の収納済額の合計は、20兆9,894億円となり、前年に比べ1.8%増、3,685億円の増加であった。
 なお、東京局における収納済額は平成19年度以降、3年連続で減少していたが、本年度においては微増ではあるが増加に転じた。

2 主要税目の収納状況

  • ○ 源泉所得税は、6兆3,704億円で、前年に比べ1.5%増、962億円の増加
  • ○ 申告所得税は、1兆81億円で、前年に比べ1.2%減、121億円の減少
  • ○ 法人税は、5兆3,226億円で、前年に比べ4.3%増、2,203億円の増加
  • ○ 消費税及び地方消費税は、5兆8,412億円で、前年に比べ0.7%減、420億円の減少

(注)億円未満の端数処理は、四捨五入している。

平成22年度 租税収納状況(東京局分)

(単位:百万円、%)

  平成22年度   平成21年度  
対前年比 構成比 構成比
直接税 源泉所得税 6,370,432 101.5 30.4 6,274,256 30.4
申告所得税 1,008,104 98.8 4.8 1,020,186 5.0
法人税 5,322,592 104.3 25.4 5,102,266 24.7
相続税 661,844 107.2 3.1 617,554 3.0
その他 11 26.2 0.0 42 0.0
小計 13,362,983 102.7 63.7 13,014,304 63.1
間接税等 消費税及び地方消費税 5,841,218 99.3 27.8 5,883,190 28.5
酒税 249,807 98.5 1.2 253,714 1.2
揮発油税及び地方揮発油税 995,837 105.1 4.7 947,189 4.6
その他 539,506 103.3 2.6 522,478 2.6
小計 7,626,368 100.3 36.3 7,606,571 36.9
合計 20,989,351 101.8 100.0 20,620,875 100.0

(注)

  • 1 百万円未満の端数処理は、四捨五入している。
  • 2 相続税は、贈与税を含む。

東京局の収納済額

平成22年度の東京局の税目別の国税の収納済額を表したグラフ

主要税目の増減額(前年比)

平成22年度の東京局の主要税目の前年からの増減額を表したグラフ

税目別構成比

平成22年度の東京局の税目別の国税収納済額の構成比したグラフ
(注) 外円は平成22年度、内円は平成21年度を示す。

収納済額の推移

平成14年度から平成22年度の収納済額の推移を表したグラフ