ここから本文です。

ホーム東京国税局報道発表資料(プレスリリース)目次>平成22年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告状況等について

平成23年6月
東京国税局

平成22年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告状況等について

平成22年分の所得税・個人消費税・贈与税の確定申告の状況及び確定申告に係る各種施策の実施状況を取りまとめました。

1 確定申告の状況

1 所得税の申告状況

(1) 確定申告書の提出状況 (表1

=提出人員は579万8千人で、昭和63年分以来の減少=

平成13年分から平成22年分の所得税の確定申告書の提出人員及び申告納税額を表したグラフ
  (注) 翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。

平成22年分所得税の確定申告書を提出した人員は579万8千人で、これまでの最高であった平成21年分(591万4千人)より11万6千人(▲2.0%)減少し、昭和63年分以来の減少となりました。

(2) 申告納税額のあるものの状況 (表2

=納税人員・所得金額は減少、申告納税額は増加=

平成13年分から平成22年分の所得税の確定申告書を提出した者のうち、申告納税額のある者の申告人員、所得金額及び申告納税額を表したグラフ
  (注) 翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。

確定申告書を提出した人員のうち、申告納税額のあるもの(納税人員)は184万9千人で、その所得金額は11兆6,257億円、申告納税額は9,062億円となっています。
 これを平成21年分と比較すると、納税人員(▲1.7%)及び所得金額(▲0.2%)は減少し、申告納税額(+0.6%)は増加しました。

○ 所得者区分別の状況 (表3-1)(表3-2

  • イ 事業所得者
     納税人員は31万5千人、所得金額は1兆4,332億円、申告納税額は1,389億円となっています。
     これを平成21年分と比較すると、納税人員(▲3.2%)、所得金額(▲3.0%)及び申告納税額(▲2.4%)はいずれも減少しました。
  • ロ その他所得者(事業所得者以外)
     納税人員は153万5千人、所得金額は10兆1,925億円、申告納税額は7,673億円となっています。
     これを平成21年分と比較すると、納税人員(▲1.4%)は減少し、所得金額(+0.2%)及び申告納税額(+1.2%)は増加しました。

(3) 還付申告の状況

=還付申告は322万人で、平成16年分以来の減少=

確定申告書を提出した人員のうち、還付申告は322万人で、平成21年分(330万6千人)より8万6千人(▲2.6%)減少し、平成16年分以来の減少となりました。

(4) 譲渡所得の申告状況

=譲渡所得の申告人員・有所得人員・所得金額はいずれも増加=

  • イ 土地等の譲渡所得 (表4-1

    平成13年分から平成22年分の土地等の譲渡所得の申告人員、有所得人員及び所得金額を表したグラフ

    (注)

    • 1 翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
    • 2 平成13、14年分は、株式等の譲渡に係る計数を含んでいる。

    確定申告書を提出した人員のうち、土地等の譲渡所得(総合譲渡を含む。)の申告人員は11万2千人です。そのうち、所得金額のあるもの(有所得人員)は5万9千人、所得金額9,913億円となっています。
     これを平成21年分と比較すると、申告人員(+10.8%)、有所得人員(+20.0%)及び所得金額(+28.9%)はいずれも増加しました。

  • ロ 株式等の譲渡所得 (表4-2

    平成16年分から平成22年分の株式等の譲渡所得の申告人員、有所得人員及び所得金額を表したグラフ
     (注) 翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。

    確定申告書を提出した人員のうち、株式等の譲渡所得の申告人員は35万4千人です。そのうち、有所得人員は9万人、所得金額は5,242億円となっています。
     これを平成21年分と比較すると、申告人員(+7.6%)、有所得人員(+4.9%)及び所得金額(+2.3%)はいずれも増加しました。

2 個人事業者の消費税の申告状況 (表5

=申告件数・納税申告額は5年連続でいずれも減少=

平成13年分から平成22年分の個人事業者の消費税の申告件数及び納税申告額を表したグラフ
  (注) 翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。

個人事業者の消費税の申告件数は27万3千件、納税申告額は984億円となっています。
 これを平成21年分と比較すると、申告件数(▲3.7%)及び納税申告額(▲3.8%)はいずれも減少し、5年連続の減少となりました。

3 贈与税の申告状況 (表6

=暦年課税の申告人員・納税人員・申告納税額はいずれも増加、相続時精算課税は減少=

平成13年分から平成22年分の贈与税の暦年課税を適用した申告人員及び申告納税額を表したグラフ及び平成15年分から平成22年分の贈与税の相続時精算課税を適用した申告人員及び申告納税額を表したグラフ

(注)

  • 1 翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 相続時精算課税(平成15年分以降)に係る人員には、暦年課税との併用者を含んでいる。

申告書を提出した人員のうち、暦年課税を適用した申告人員は11万1千人です。そのうち、申告納税額のあるもの(納税人員)は7万7千人、申告納税額は431億円となっています。
 これを平成21年分と比較すると、申告人員(+21.4%)、納税人員(+7.9%)及び申告納税額(+30.4%)はいずれも増加しました。
 なお、相続時精算課税を適用した申告人員は1万1千人です。そのうち、納税人員は1千人、申告納税額は76億円となっています。
 これを平成21年分と比較すると、申告人員(▲33.4%)、納税人員(▲11.9%)及び申告納税額(▲27.3%)はいずれも減少しました。
 また、住宅取得等資金の非課税を適用した申告人員は2万4千人、住宅取得等資金の金額は2,710億円、うち非課税の適用を受けた金額は2,468億円となっています。
 これを平成21年分と比較すると、申告人員(+62.9%)、住宅取得等資金の金額(+96.1%)及び非課税の適用を受けた金額(+257.2%)はいずれも増加しました。

◎ 相続時精算課税の概要

贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の要件に該当する場合には、相続時精算課税を選択することができます。この制度は、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納め、その贈与者が亡くなった時にその贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額とを合計した金額を基に計算した相続税額から、既に納めたその贈与税相当額を控除することにより贈与税・相続税を通じた納税を行うものです。

◎ 住宅取得等資金の非課税の概要

平成22年1月1日から平成23年12月31日までの間に、父母や祖父母など直系尊属から、自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築若しくは取得又は増改築等の対価に充てるための金銭(「住宅取得等資金」といいます。)の贈与を受けた場合において、一定の要件を満たすときは、原則として、平成22年中の贈与であれば住宅取得等資金のうち1,500万円までの金額、平成23年中の贈与であれば1,000円までの金額について贈与税が非課税となります。
 なお、平成21年中の贈与であれば住宅取得等資金のうち、500万円までの金額について贈与税が非課税となります。

ページの先頭へ戻る

2 各種施策の実施状況

1 ITを利用した所得税確定申告書の提出人員の状況 (表7)

=ITを利用した所得税の確定申告書の提出人員は250万4千人と増加=

=所得税の確定申告書の提出人員に占めるITを利用した提出人員の割合は43.2%=

平成16年分から平成22年分のICTを利用した所得税及びの確定申告書の提出人員を表したグラフ
  (注) 翌年3月末日までに所得税の確定申告書を提出した人員数である。

国税庁では、ご自宅からの申告をサポートするため、確定申告書等作成コーナーやe-Taxなど、申告書作成や提出に関するITを利用したサービスを提供しています。また、税務署の申告相談会場においても、ITを利用した申告をしていただいています。
 ITを利用した所得税の確定申告書の提出人員は250万4千人で、平成21年分(221万8千人)より28万6千人(+12.9%)増加し、所得税の確定申告書の提出人員(579万8千人)に占める割合は43.2%(+5.7ポイント)と増加しました。

《ご自宅等からのIT申告》

国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーで申告書を作成し、e-Taxで送信又は郵送等により書面で提出することができます。
 また、民間の会計ソフトなどで申告書を作成し、e-Taxで送信することもできます。
 これらのITを利用してご自宅等から所得税確定申告書を提出された人員は、142万2千人(対前年比112.6%)と増加しました。
 (注)税務署では、申告の適正性を担保するため、添付書類の提出を省略した納税者のうち、一部の方に対し、その添付書類の提出又は提示を求め、申告内容の確認を実施しています。この確認の結果、申告内容が適正でないと認められる納税者に対しては、指導や調査等により是正を行っています。

《税務署の申告会場でのIT申告》

確定申告書等作成コーナーが利用できるパソコンを税務署などの申告会場に設置しており、そのパソコンを利用して申告書を作成し、e-Taxで送信又は書面で提出していただいています。
 このような税務署の申告会場におけるITを利用した所得税確定申告書の提出人員は、108万2千人(対前年比113.3%)と増加しました。

◎ 確定申告書等作成コーナー

確定申告書等作成コーナーは、画面の案内に従って金額等を入力すれば、税額などが自動計算され、計算誤りのない申告書が作成でき、また、作成した申告書は、e-Taxで送信又は郵送等により書面で提出することができます。

◎ e-Tax

税務署などの申告会場に赴くことなく、自宅等から申告することが可能となるほか、1添付書類を提出省略することができる、2書面での提出に比べ還付金が早期に還付される、といったメリットがあります。

2 閉庁日における申告相談の状況 (表8)

=閉庁日の相談件数は7万8千件、申告書収受件数は12万件=

平成16年分から平成24年分の閉庁日の相談件数及び申告書の収受件数を表したグラフ

休日における税務署での相談等のニーズに応えるため、一部の税務署において、閉庁日における申告相談を2月20日と2月27日の日曜日に実施しました。
 両日の相談件数は合計7万8千件(対前年比94.8%)で、申告書収受件数は合計12万件(対前年比105.4%)となっています。

ページの先頭へ戻る

参考資料

(表1)所得税の確定申告書提出状況の推移

(単位:千人)

  18年分 19年分 20年分 21年分 22年分
申告納税額のあるもの
(100.3)
2,133
(95.6)
2,039
(96.0)
1,958
(96.1)
1,881
(98.3)
1,849
還付申告
(102.1)
3,029
(103.7)
3,140
(102.1)
3,207
(103.1)
3,306
(97.4)
3,220
上記以外
(102.5)
617
(104.5)
645
(107.0)
690
(105.4)
727
(100.2)
729
合計
(101.5)
5,779
(100.8)
5,824
(100.5)
5,855
(101.0)
5,914
(98.0)
5,798

(注)

  • 1 いずれも翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 かっこ書は、対前年比(%)である。

(表2)所得税の納税人員の申告状況の推移

(単位:千人、億円)

  18年分 19年分 20年分 21年分 22年分
納税人員
(100.3)
2,133
(95.6)
2,039
(96.0)
1,958
(96.1)
1,881
(98.3)
1,849
総所得金額
(102.9)
149,934
(100.3)
150,358
(88.7)
133,382
(87.3)
116,509
(99.8)
116,257
申告納税額
(108.7)
11,625
(109.0)
12,669
(85.6)
10,844
(83.1)
9,009
(100.6)
9,062

(注)

  • 1 いずれも翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 かっこ書は、対前年比(%)である。

(表3−1)所得税の主たる所得区分別申告人員

  確定申告人員   平成22年分÷平成21年分
申告納税額の
あるもの
還付申告 左記以外 全体 納税 還付 左記以外
合計 千人
5,798
千人
1,849
千人
3,220
千人
729

98.0

98.3

97.4

100.2
所得者別内訳 事業所得者
(14.0)
812
(17.0)
315
(7.2)
232
(36.4)
266
97.6 96.8 99.9 96.7
その他所得者
(86.0)
4,985
(83.0)
1,535
(92.8)
2,988
(63.6)
463
98.1 98.6 97.2 102.4
  不動産所得者
(8.9)
515
(20.1)
372
(1.0)
31
(15.3)
111
99.7 98.4 104.2 103.1
給与所得者
(43.5)
2,524
(33.7)
623
(54.9)
1,769
(18.1)
132
94.8 96.3 94.1 97.2
雑所得者
(31.2)
1,807
(25.8)
477
(34.8)
1,119
(28.9)
210
101.7 100.3 101.6 105.7
上記以外
(2.4)
140
(3.4)
62
(2.1)
69
(1.2)
9
108.6 113.1 106.4 97.4

(注)

  • 1 翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 かっこ書は、合計に対する割合(構成比)である。

(表3−2)所得税の主たる所得区分別所得金額等

  総所得金額   申告納税額 還付税額 平成22年分÷平成21年分
申告納税額のあるもの 還付申告 所得 税額
総所得 納税 還付 納税 還付
合計 億円
230,484
億円
116,257
億円
107,064
億円
9,062
億円
3,456

98.2

99.8

96.7

100.6

97.2
所得者別内訳 事業所得者
(9.8)
22,575
(12.3)
14,332
(5.8)
6,167
(15.3)
1,389
(28.2)
976
97.3 97.0 98.4 97.6 98.6
その他所得者
(90.2)
207,909
(87.7)
101,925
(94.2)
100,897
(84.7)
7,673
(71.8)
2,480
98.3 100.2 96.6 101.2 96.7
  不動産所得者
(10.2)
23,522
(19.2)
22,357
(0.5)
496
(34.6)
3,134
(0.9)
30
97.0 96.6 105.6 95.3 97.1
給与所得者
(58.5)
134,746
(44.1)
51,230
(74.8)
80,082
(23.0)
2,087
(52.3)
1,807
96.1 97.2 95.5 95.1 95.0
雑所得者
(13.4)
30,827
(9.4)
10,949
(17.7)
18,971
(2.8)
257
(15.6)
540
100.7 98.7 101.6 98.2 101.4
上記以外
(8.2)
18,813
(15.0)
17,388
(1.3)
1,347
(24.2)
2,194
(3.0)
102
115.1 117.6 94.0 119.2 105.2

(注)

  • 1 翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 かっこ書は、合計に対する割合(構成比)である。

(表4-1)土地等の譲渡所得の申告状況

  平成21年分 平成22年分 平成22年分÷平成21年分
申告人員 有所得人員   申告人員 有所得人員   申告人員 有所得人員  
所得金額 1人当たり 所得金額 1人当たり 所得金額 1人当たり
土地等 千人
101
千人
49
億円
7,688
万円
1,573
千人
112
千人
59
億円
9,913
万円
1,690

110.8

120.0

128.9

107.5

(注)

  • 1 両年分とも翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 総合譲渡所得に係る計数を含んでいる。

(表4-2)株式等の譲渡所得の申告状況

  平成21年分 平成22年分 平成22年分÷平成21年分
申告人員 有所得人員   申告人員 有所得人員   申告人員 有所得人員  
所得金額 1人当たり 所得金額 1人当たり 所得金額 1人当たり
株式等 千人 千人 億円 万円 千人 千人 億円 万円
275
329
86 5,124 595
292
354
90 5,242 580
106.0
107.6
104.9 102.3 97.5

(注)

  • 1 両年分とも翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 上段は、譲渡損失を翌年以降へ繰り越したものの計数である。

(表5)個人事業者の消費税の申告状況

  平成21年分 平成22年分 平成22年分÷平成21年分
申告件数 税額 申告件数 税額 件数 税額
  千件 億円 千件 億円
納税申告
(97.2)
276
外255
1,023
(97.3)
266
外246
984
96.4 96.2
還付申告
(2.8)
8
外22
88
(2.7)
7
外20
80
93.1 90.6
合計 284 - 273 - 96.3 -

(注)

  • 1 両年分とも翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 外書は、地方消費税である。
  • 3 かっこ書は、合計に対する割合(構成比)である。

(表6)贈与税の申告状況

  平成21年分 平成22年分 平成22年分÷平成21年分
申告人員 納税人員   申告人員 納税人員   申告人員 納税人員  
申告納税額 1人当たり 申告納税額 1人当たり 申告納税額 1人当たり
暦年課税 千人
91
千人
71
億円
330
万円
46
千人
111
千人
77
億円
431
万円
56

121.4

107.9

130.4

120.9
相続時精算課税 17 1 105 812 11 1 76 670 66.6 88.1 72.7 82.5
108 72 435 60 122 78 507 65 112.7 107.5 116.5 108.3

(注)

  • 1 両年分とも翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。
  • 2 相続時精算課税に係る人員は、暦年課税との併用者を含んでいる。

(表6−付)住宅取得等資金の非課税の申告状況

平成21年分 平成22年分 平成22年分÷平成21年分
申告人員 住宅取得等資金の金額   申告人員 住宅取得等資金の金額   申告人員 住宅取得等資金の金額  
非課税の適用を受けた金額 非課税の適用を受けた金額 非課税の適用を受けた金額
千人
15
億円
1,381
億円
691
千人
24
億円
2,710
億円
2,468

162.9

196.1

357.2

(注) 両年分とも翌年3月末日までに提出された申告書の計数である。

(表7)ITを利用した所得税申告書の提出人員

(単位:千人)

  平成18年分 平成19年分 平成20年分 平成21年分 平成22年分
確定申告人員 5,779 5,824 5,855 5,914 5,798
IT利用人員
(13.7%)
794
(22.4%)
1,302
(28.5%)
1,670
(37.5%)
2,218
(43.2%)
2,504
  自宅等でのIT利用
(10.3%)
595
(14.0%)
818
(18.4%)
1,080
(21.4%)
1,263
(24.5%)
1,422
  各種ソフト・e-Tax 79 219 353 449 554
HP作成コーナー・e-Tax 48 83 117 139
HP作成コーナー・書面 516 551 644 697 730
署でのIT利用
(3.4%)
199
(8.3%)
484
(10.1%)
590
(16.1%)
955
(18.7%)
1,082
  署パソコン・e-Tax - 379 477 860 1,002
署パソコン・書面 199 105 113 95 80

(注)

  • 1 いずれも翌年3月末日までに所得税の確定申告書を提出した人員である。
  • 2 署パソコンからのe-Tax送信は、平成19年分から開始している。
  • 3 平成18年分以前のe-Taxによる提出人員は未把握のため、利用件数で作成している。
  • 4 上段%は、確定申告人員に対する割合(構成比)である。

(参考)

(単位:千人)

電子証明書等特別控除適用者数
48

(表8)閉庁日における申告相談等の状況(所得税)

  平成21年分 平成22年分 平成22年分÷平成21年分
相談件数 申告書収受件数 相談件数 申告書収受件数 相談件数 申告書収受件数
  千件 千件 千件 千件
1回目
(22年分:2月20日)
(50.6%)
42
58
(50.5%)
40
62 94.9 105.4
2回目
(22年分:2月27日)
(49.4%)
41
56
(49.5%)
39
58 94.6 105.3
83 114 78 120 94.8 105.4

(注) かっこ書は、合計に対する割合(構成比)である。