ここから本文です。

ホーム東京国税局報道発表資料(プレスリリース)目次>平成19年度における異議申立ての発生及び処理の状況(課税関係)

平成19年度における異議申立ての発生及び処理の状況(課税関係)

平成20年6月
東京国税局

1 発生状況

 平成19年度における発生件数は1,360件であり、前年度に比べて158件、13.1%の増加となっています。
 発生件数の増加の主な要因は、法人税、相続税・贈与税及びその他の税目に係る事案等の増加によるものです。

発生状況
  申告所得税 源泉所得税 法人税 相続税
贈与税
消費税等 その他 合計
18年度 521件 45件 181件 88件 367件 0件 1,202件
19年度 499件 47件 275件 126件 370件 43件 1,360件
対前年度比 95.8% 104.4% 151.9% 143.2% 100.8% 113.1%

2 処理状況

 平成19年度における処理件数は1,521件であり、前年度に比べて386件、34%の増加となっています。
 処理の内容別にみますと、納税者の主張が何らかの形で受け入れられたもの(一部取消し及び全部取消しの合計)の件数は230件であり、これらの処理件数に占める割合は15.1%となっています。

処理状況
  要処理件数 処理件数 未済件数
取下げ等 却下 棄却 一部取消し 全部取消し 合計
18年度
(構成比)
1,676件 245件
(21.6%)
88件
(7.7%)
682件
(60.1%)
95件
(8.4%)
25件
(2.2%)
1,135件
(100%)
541件
19年度
(構成比)
1,904件 322件
(21.2%)
90件
(5.9%)
879件
(57.8%)
210件
(13.8%)
20件
(1.3%)
1,521件
(100%)
383件

(注) 平成19年度の要処理件数には、他局から送付を受けた分を含みます。