ここから本文です。

ホーム東京国税局報道発表資料(プレスリリース)目次報道発表資料(プレスリリース)目次(18年度)>平成18年度における異議申立ての発生及び処理の状況(課税関係)

平成18年度における異議申立ての発生及び処理の状況(課税関係)

平成19年6月
東京国税局

1 発生状況

発生状況
  申告所得税 源泉所得税 法人税等 相続税
贈与税
消費税等 その他 合計
17年度 488件 41件 247件 172件 301件 5件 1,254件
18年度 521件 45件 181件 88件 367件 0件 1,202件
対前年度比 106.8% 109.8% 73.3% 51.2% 121.9% 95.9%

〔ポイント〕
 平成18年度における発生件数は、法人税等、相続税・贈与税に係る事案等の減少により、前年度と比べ4.1%の減少となっている。

2 処理状況

処理状況
  要処理件数 処理件数 未済件数
取下げ等 却下 棄却 一部取消 全部取消 合計
17年度
(構成比)
1,616件 325件
(27.3%)
37件
(3.1%)
642件
(54.0%)
139件
(11.7%)
46件
(3.9%)
1,189件
(100%)
427件
18年度
(構成比)
1,676件 245件
(21.6%)
88件
(7.8%)
682件
(60.1%)
95件
(8.4%)
25件
(2.2%)
1,135件
(100%)
541件

(注) 平成18年度の要処理件数には、他局から送付を受けた分を含む。

〔ポイント〕
 平成18年度において、納税者の主張が何らかの形で受け入れられたもの(一部取消し又は全部取消し)の割合は10.6%となっている。