ここから本文です。

ホーム東京国税局採用案内職員>税務職員採用試験(高校卒業程度)採用者

税務職員採用試験(高校卒業程度)採用者

先輩からのメッセージ
「充実した研修制度で税のプロフェッショナルへ」

厚木税務署 資産課税部門 岩本 淳志(いわもと あつし)(平成20年度採用)(平成26年掲載当時)

〜現在の仕事〜

私が所属する資産課税部門では、相続税や贈与税、所得税のうち土地や株式などを売却した時の譲渡所得を扱っています。
 具体的には、提出された申告書の内容に誤りが無いかを調査したり、納税者からの税務相談に応じたり、確定申告の時期には納税者へ申告指導も行います。
 私は資産課税部門に配属され5年目となりますが、税法はもちろん、民法や相続税・贈与税を計算するために必要な土地や有価証券の評価など、専門性に富み、幅広い知識を習得できることが、何よりもこの部門の素晴らしいところだと感じています。

〜税務職員を選択した理由〜

学生の頃から、社会全体の奉仕者と言われる公務員に憧れを抱き、中でも、国家財政の基盤を担い、社会の中枢にある国税の職場で働くことによって、身近なところで社会に貢献できるのではないかと考え、税務職員という仕事を選びました。

〜税務職員を目指す皆さんへ〜

国税と聞いて、みなさんは「きっと堅苦しく、厳しい職場」といったイメージを持っているのではないでしょうか。
 私も、この職場に配属されるまでは、皆さんと同じでした。
 しかし、実際に配属されてみると、その雰囲気や環境の違いに驚き、いかに思い込みであったのかを感じました。
 もちろん、仕事は専門的で、分からないことも多く、厳しいものですが、その分、やりがいと充実感を感じられる職場でもあると思っています。
 あらゆる場面で、専門的で幅広い知識が求められ大変ではありますが、充実した研修制度や経験豊富な先輩方の温かいサポートもあり、自分自身を日々成長させることができる職場だと感じています。
 このやりがいのある国税の職場で、皆さんと共に働ける日を先輩として楽しみに待っています。

先輩からのメッセージ
「女性が輝ける職場」

渋谷税務署 徴収第3部門 鈴木 渚(平成22年度採用)(平成26年掲載当時)

〜税務職員を選択した理由〜

小さい頃から漠然と、やりがいをもって長く働くことのできる仕事に就きたいと思っていました。
 そこで公務員について調べていく中で、国家の財政基盤を担うという使命にやりがいを感じ、国税の職場を選びました。

〜現在の仕事〜

徴収部門では期限までに納付がない方との納付相談や滞納整理を行っています。
 滞納整理は、納税者個々の実情を踏まえて行いますが、時には差押えや捜索といった厳しい強制処分を行うこともあります。このように強力な権限が与えられているため、強い責任感が求められます。

〜働く女性にとって〜

国税の仕事は男性のイメージが強いかもしれませんが、女性だからこそ活躍できる場面があります。
 多くの女性職員がいるので、仕事・プライベート問わず相談することができます。
 そして、育児と両立できるよう福利厚生の制度が充実しているため、結婚・出産後も働きやすい環境が整っている職場です。

〜税務職員を目指す皆さんへ〜

採用当時は、法律や簿記について学んだことがなかったため、国税の仕事ができるのか不安がありました。
 しかし、研修制度がとても充実しているため、簿記・法律の知識がない私でも研修を通して専門知識を習得することができました。日々の仕事を通しても、多くの知識を身に付けることができるので、努力した分だけ成長できるやりがいのある仕事です。
 また、国税の職場は、上司・先輩の方々が温かく丁寧に接してくれる風通しの良い職場なので、充実した生活を送ることができます。
 皆さんと一緒に税務の職場で働ける日を心よりお待ちしています。

先輩からのメッセージ
「国家財源を支えるという責任感」

市川税務署 法人課税第1部門 中森 清(なかもり きよし)(平成24年度採用)(平成26年掲載当時)

〜税務職員を選択した理由〜

私は高校で簿記を学びました。
 そこで『簿記の知識を活かせる仕事で、人の役に立てる仕事』として税務の仕事を知り、興味を持ちました。
 この職場を選択した決め手となったのは、採用後の研修制度が充実していることと、国の財源を支える責任とやりがいのある仕事であると思ったからです。

〜税務職員を目指す皆さんへ〜

税務の仕事は大きな責任を伴います。
 『一生勉強』と思えるほど様々な知識が必要ですが、仕事を通じて得られる知識やノウハウが豊富なので、やりがいや達成感を得られる魅力的な職場です。
 分からないことを先輩や上司に相談しやすい雰囲気があり、人と人とのつながりを大事にしている職場です。
 やりがいのある職場で適正・公平な課税の実現を目指して一緒に頑張ってみませんか?
 皆さんと一緒に働けることを楽しみに待っています。

【問い合わせ先】東京国税局 総務部 人事第二課 試験係 (03-3542-2111 内線2162・2163)