ここから本文です。

ホーム申告・納税手続税務手続の案内源泉所得税関係>[手続名]退職所得の受給に関する申告(退職所得申告)

[手続名]退職所得の受給に関する申告(退職所得申告)

[概要]
退職手当等の支給を受ける人が、所得税法第203条1項各号に掲げる事項を申告書に記載し、退職手当等の支払者に提出する手続です。 

(注)国内において退職手当等の支払を受ける居住者は、この申告を行わなければなりません。この申告を行わない場合は、その退職手当等の金額につき20%(平成25年1月1日以後に支払を受けるべきものについては20.42%)の税率による源泉徴収が行われることとなります。

[手続根拠]
 所得税法第203条、所得税法施行規則第77条

[手続対象者]
 退職手当等の支払を受ける居住者

[提出時期]
 退職手当等の支払を受ける時までに提出してください。

[提出方法]
退職手当等の支払者に提出してください。

(注)退職手当等の支払者は、税務署長から特に提出を求められた場合以外は、税務署への提出の必要はありません(退職手当等の支払者が保管することになっています。)。

[手数料]
 不要です。

[添付書類・部数]
 その年中に他の退職手当等の支給を受けている場合は、その退職手当に係る「退職所得の源泉徴収票」 1部

[申請書様式・記載要領]

[提出先]
 [提出方法]欄参照。

[相談窓口]
 最寄りの税務署(源泉所得税担当)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。