トップページ > e-Taxをご利用になる場合の事前準備等

e-Taxをご利用になる場合の事前準備等

e-Taxをご利用になる前に

 e-Taxをはじめてご利用される方は、事前準備が必要です。

e-Taxをはじめてご利用される方は、事前準備が必要です。

 詳しくは、以下の「e-Taxを利用するための事前準備等」をご覧ください。

 


e-Taxを利用するための事前準備

利用環境の確認

 

電子証明書の取得

 

電子証明書の登録・再登録

 

ICカードリーダライタの購入

 

ソフトウェアのインストール・設定

ICカードリーダライタのドライバのインストール

 

作成コーナー事前準備

Windowsをご利用の方

「平成25年分事前準備セットアップ」ツールは、平成25年分の確定申告書等作成コーナーの利用に必要な次の4つのインストール及び設定をまとめて行うことができる便利なツールです。
右記のボタンをクリックして、「平成25年分事前準備セットアップ」ツールをパソコンにダウンロードした上でご利用ください。

平成25年分 事前準備セットアップ


前年又はそれ以前に「事前準備セットアップ」を行った場合でも、平成25年分の「事前準備セットアップ」を行う必要があります。


1 信頼済みサイトの登録

 


2 ポップアップブロックの許可サイトの登録

 


3 ルート証明書のインストール

 


4 公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール

 


5 署名送信モジュールのインストール

 

「平成25年分 事前準備セットアップ」ツールの適用後、確定申告書等作成コーナーを表示します。
なお、「平成25年分 事前準備セットアップ」ツールを適用する前に、ブラウザの設定やその他のページについても、ご確認ください。


Macintoshをご利用の方

 

とじる

ルート証明書のインストール

「ルート証明書」をダウンロードする(dmg形式 約540KB)

上記のボタンをクリックすると、デスクトップ上に「KeyImport」フォルダが作成されます。
「KeyImport」フォルダには、以下の5つのファイルが格納されていますので、「インストール手順書」を確認の上、ルート証明書をインストールしてください。

  • 政府共用認証局(官職認証局)(OSCAroot.der)
  • 政府共用認証局(アプリケーション認証局)(APCAroot.der)
  • 政府共用認証局(アプリケーション認証局2)(APCA2root.der)
  • 政府共用認証局(アプリケーション認証局2)の中間証明書(APCA2sub.der)
  • インストール手順書(はじめにお読みください(登録手順書).PDF)

 「インストール手順書」をご確認の上、ルート証明書をインストールしてください。

ルート証明書のインストーラのダウンロードに当たっては、情報保護の面から、SSL(Secure Sockets Layer)技術による暗号化等の必要な措置を講じています。

公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール

住民基本台帳カードに格納された電子証明書を利用するため、公的個人認証サービス利用者クライアントソフトをインストールします。
公的個人認証サービスポータルサイトの「利用者クライアントソフトのダウンロード」(外部サイト)を参考にインストールしてください。


ブラウザの設定(必ず行ってください)

上記の作業終了後、電子署名を付与するための署名送信モジュール(ActiveX)を使用可能とする設定及びポップアップブロックを解除する設定を行います。
設定手順は以下のリンクから確認してください。

「ActiveXの利用可能設定方法(Windowsをご利用の場合)」

ページのトップへ戻る

確定申告書等作成コーナー

  • 確定申告書等作成コーナーへ


自宅からネットが便利 申告・納税 e-Tax 国税電子申告・納税システム

スマートフォン版はこちら