重要なお知らせ

税制改正

申告・納税の手続

確定申告書等作成・e-Tax

源泉徴収義務者の方

その他

確定申告に関する情報の総合窓口 所得税及び復興特別所得税・贈与税 3月15日(木)までに申告・納税/個人事業者の消費税及び地方消費税 4月2日(月)までに申告・納税

確定申告について

重要なお知らせ
  • 申告手続には
  • 医療費控除が変わります
  • e-Taxで申告するには
税制改正
  • 災害により被害を受けた方
  • 税制上の主な変更点
申告・納税の手続
  • 初めて確定申告される方
  • 申告書の提出が必要な方へ
  • ふるさと納税をされた方へ
  • 株式を売却した方
  • パソコンで申告書等を作成する場合の利用方法
  • 確定申告書などの様式・手引き
  • 納税・還付手続について
  • 確定申告期に多いお問合せ事項Q&A
  • 動画で見る確定申告
  • 申告書の提出先(税務署の管轄一覧)
確定申告書等作成・e-Tax
  • 確定申告書等作成コーナー
  • e-Taxならこんないいこと
  • e-Taxをご利用になる場合の事前準備
  • e-Tax・作成コーナーヘルプデスク
  • 医療費控除の準備
  • 配当等の申告の準備
  • 作成コーナーの作成の流れ・追加機能・税制改正など
源泉徴収義務者の方
  • 源泉徴収義務者の方
  • 白色申告の方の記帳・帳簿等の保存について
  • ネットが便利 申告・納税 e-Tax 国税電子申告・納税システム
  • 社会保障・税番号制度 申告書等にはマイナンバーの記載が必要です。

e-Taxならこんないいこと
e-Taxならこんないいこと

e-Taxを利用すると・・・

 e-Taxは、インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムです。
e-Taxのご利用に当たっては、あらかじめ開始届出書を提出し、利用者識別番号などを取得してください(オンラインで取得できます。)。

自宅からネットで申告

 税務署に行かなくても、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成し、自宅からネットで提出(送信)できます。

添付書類の提出省略

 医療費の領収書や源泉徴収票等は、その記載内容(病院などの名称、支払金額等)を入力して送信することにより、これらの書類の提出又は提示を省略することができます(法定申告期限から5年間、税務署から書類の提出又は提示を求められることがあります。)。
なお、マイナンバーに関する本人確認書類についても、e-Taxで送信すれば提示又は写しの提出が不要です。

還付がスピーディー

 自宅や税理士事務所からe-Taxで申告された還付申告は3週間程度で処理しています(e-Taxで1月・2月に申告した場合は、2~3週間程度で処理しています。)。

(※) 書類不備や別送書類の提出が遅れた場合には、上記期間内に還付できないことがあります。

24時間受付

 確定申告期間中は、24時間e-Taxで提出(送信)が可能です。

[ e-Taxの利用可能時間 ]

平成30年1月4日(木)から1月12日(金)までは、8時30分から24時までe-Taxの利用が可能です。
平成30年1月15日(月)から3月15日(木)までは、24時間e-Taxの利用が可能です(メンテナンス時間を除く。)。

(注1) 平成30年1月15日(月)は、午前8時30分から利用が可能です。
(注2) メンテナンス時間は、月曜日午前0時~8時30分を予定しております。
詳しくは、e-Taxホームページで確認してください。
(注3) 平成30年3月15日(木)の24時を過ぎて受信した平成29年分の所得税及び復興特別所得税確定申告・贈与税申告のデータは、申告期限後に提出されたものとなりますのでご注意ください。
(※) 送信した申告書等のデータは、即時通知及び受信通知に表示される「受付日時」に到達したものとみなします。

e-Taxをご利用になる場合の事前準備e-Taxをご利用になる場合の事前準備

TOPTOP
TOPTOP

パソコンで申告書等の作成を開始される方 確定申告書等作成コーナーへパソコンで申告書等の作成を開始される方 確定申告書等作成コーナーへ
確定申告書等作成コーナーに接続できない方はこちらをご確認ください。