ここから本文です。

ホーム申告・納税手続所得税(確定申告書等作成コーナー)確定申告に関する手引き等平成28年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き 確定申告書A用

平成28年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き 確定申告書A用

  • ●確定申告書Aは、申告する所得が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、総合課税の配当所得、一時所得のみの方が使用できます(予定納税額のある方は、確定申告書Bを使用します。)。
  • ●この手引きは、一般的な事項を説明しています。
    申告や納税についてお分かりにならない点がありましたら、最寄りの税務署にお電話などでお尋ねください。
  • 申告書付表計算書、明細書及び説明書は国税庁ホームページからダウンロードできます。なお、税務署にも用意しています。
  • ●平成28年分の所得税等の確定申告の相談及び申告書の受付は、平成29年2月16日(木)から同年3月15日(水)までです(→申告手続の流れ)。
  • ●平成28年分の所得税等の確定申告分の納期限は、平成29年3月15日(水)です。振替納税をご利用の方は、平成29年4月20日(木)が振替日です。
  • ●平成28年分の所得税等の確定申告から適用される主な改正事項はこちらをご覧ください。
  • ●平成25年分から平成49年分まで、復興特別所得税を所得税と併せて申告・納付することとされています。この手引きでは、所得税及び復興特別所得税を「所得税等」といいます。

目次

1 申告手続の流れ

申告手続の流れ

2 申告書の書き方

申告書の記載例1(収入が公的年金のみの場合) 申告書の記載例2(給与やその他の収入がある場合) 左の他、給与所得者の医療費控除の記載例など

手順1sankaku_yel住所、氏名などを記入する

手順2sankaku_gre収入金額等、sankaku_sky所得金額を計算する

1給与所得 2雑所得 3総合課税の配当所得 4一時所得 5所得金額の合計

手順3sankaku_red所得から差し引かれる金額(所得控除)を計算する

記入の省略方法      
6社会保険料控除 7小規模企業共済等掛金控除 8生命保険料控除 9地震保険料控除
10寡婦・寡夫控除 11勤労学生控除 11障害者控除 12配偶者控除
13配偶者特別控除 14扶養控除 15基礎控除 166から15までの計
17雑損控除 18医療費控除 19寄附金控除 20合計(所得から差し引かれる金額の合計)

手順4sankaku_blu税金の計算をする

2122課税される所得金額・課税される所得金額に対する税額 23配当控除 24(特定増改築等)住宅借入金等特別控除 25政党等寄附金特別控除
26認定NPO法人等寄附金特別控除 27公益社団法人等寄附金特別控除 29住宅耐震改修特別控除 30住宅特定改修特別税額控除
31認定住宅新築等特別税額控除 32差引所得税額 33災害減免額 34再差引所得税額(基準所得税額)
35復興特別所得税額 36所得税及び復興特別所得税の額 37外国税額控除 38所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額
3940所得税及び復興特別所得税の申告納税額      

手順5sankaku_pnkその他、sankaku_lmn延納の届出、sankaku_yel還付される税金の受取場所を記入する

sankaku_pnkその他 sankaku_lmn延納の届出 sankaku_yel還付される税金の受取場所

手順6sankaku_vio住民税に関する事項(申告書第二表)を記入する

(参考) 申告や納税について知っておきたいこと

所得税等の確定申告とは 所得税等のしくみ 所得の種類と課税方法
「所得から差し引かれる金額」(所得控除) 「所得税額から差し引かれる金額」(主なもの) 「所得税及び復興特別所得税の額から差し引かれる金額」
確定申告が必要な方 確定申告をすれば税金が戻る方 平成28年分の所得税等の確定申告から適用される主な改正事項
納税が遅れた場合など 申告に誤りがあった場合など 売上高が1,000万円を超える場合(消費税について)
お知らせ    

3 申告書に添付・提示する書類

申告書に添付・提示する書類

4 振替納税の新規(変更)申込み

振替納税の新規(変更)申込み

5 下書き用申告書

下書き用申告書

社会保証・税番号(マイナンバー)制度の導入について