ここから本文です。

ホーム申告・納税手続所得税(確定申告書等作成コーナー)確定申告に関する手引き等平成25年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き 確定申告書A用手順4 税金の計算をする

手順4 税金の計算をする

配当控除 第一表23

控除の概要

次の配当等に係る配当所得がある場合の控除

申告分離課税を選択したものなどは配当控除の適用はありません。

●内国法人から支払を受ける配当

※特定目的会社及び投資法人からの配当、基金利息、確定申告をしないことを選択した配当等を除きます。

●特定株式投資信託及び特定証券投資信託の収益の分配

※外国株価指数に投資を行うものを除きます。

なお、特定証券投資信託の収益の分配がある方は、下の計算欄を使用せず、「特定証券投資信託に係る配当控除額の計算書」を使用して計算します。

◆特定証券投資信託
公社債投資信託以外の証券投資信託(特定株式投資信託を除く)のうち、特定外貨建等証券投資信託以外のものをいいます。詳しくは、「特定証券投資信託に係る配当控除を受けられる方へ」を参照してください。

申告書の書き方

第一表

計算欄Gの金額を23に転記します。

計算欄

配当所得の金額
(配当控除の対象となるもの)
(第一表3欄の金額)

         円

A
課税される所得金額 (第一表21欄の金額)

,000円

B
B−1,000万円 (赤字のときは0円)

         円

C
AC (赤字のときは0円)

         円

D
D×0.1

         円

E
AD)×0.05

         円

F
配当控除額
EF

         円

G

設例

内国法人から受ける配当

  • 配当所得の金額(配当控除の対象となるもの)A120,000
  • 課税される所得金額B2177,000
  1. 1B2177,000円−1,000万円=△7,823,000円→C0
  2. 2A120,000円−C0円=D120,000
  3. 3D120,000円×0.1=E12,000
  4. 4A120,000円−D120,000円)×0.05=F0
  5. 5E12,000円+F0円=G12,000

配当控除額は、12,000円です。

第一表

第一表 配当控除の記入例の図