ここから本文です。

ホーム申告・納税手続所得税(確定申告書等作成コーナー)確定申告に関する手引き等平成25年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き 確定申告書A用申告書の記載例2(給与やその他の収入がある場合)

申告書の記載例

申告書の記載例2(給与やその他の収入がある場合)

下記の申告書の項目をクリックすると各項目のページをご覧になれます。

  • ◎この手引きの各項目における記載例は、原則としてこの「申告書の記載例2」を使用しています。
  • ◎申告書は複写式になっています。
    申告書第一表と第二表を折りたたんだまま記入せず、広げるか、中央のミシン線で切り離してから記入します。
  • ◎申告書は、ボールペンで、強く記入します。
    • ※この手引きでは、記入した部分を便宜上青色で表示しています。
  • ◎申告書の該当する箇所は必ず記入します。
  • ◎2枚目は複写式の控えになっていますが、取り外して使用しても差し支えありません。
    申告書を提出するときは、2枚目は取り外してください。
  • ●マス目に数字を記入する場合は、記入例1にならって、マス目の中にていねいに記入してください。
  • ●1億円以上の金額がある場合は、記入例2にならって記入してください。
  • ●訂正する場合は、記入例3にならって、訂正する文字を二重線で抹消し、上の欄などの余白に適宜記入してください。

訂正記入例の図

〈所得から差し引かれる金額に関する事項〉

生命保険料の支払(一般の保険料) ・・・・・・・・・・・ 204,000円
地震保険料の支払 ・・・・・・・・・・・ 25,000円
医療費控除 支払医療費 ・・・・・・・・・・・ 302,000円
    保険金などで補填される金額 ・・・・・・・・・・・ 157,000円
寄付金の支払(○○市などに対するもの) ・・・・・・・・・・・ 120,000円

※クリックすると図が拡大されます。

〈給与所得の源泉徴収票〉 〈公的年金等の源泉徴収票〉 〈公的年金等以外の年金額等のお知らせ〉
給与所得の源泉徴収票の図 公的年金等の源泉徴収票の図 公的年金等以外の年金額等のお知らせの図

<その他>原稿料に係る雑所得の必要経費・・・18,000円

※申告書の項目をクリックすると各項目のページがご覧になれます。
平成25年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書Aの記載例の図 手順1の図 手順2の図 手順3の図 手順4の図 手順5の図 平成18年分の所得税の確定申告書Aの記載例の図 手順1の図 手順2の図 手順3の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順4の図 手順5の図 手順5の図 手順5の図

平成25年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書Aの記入例の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順2の図 手順1の図 手順2の図 手順6の図 手順3の図 手順2の図 手順4の図 手順6の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図 手順3の図

※「所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額)」欄で、所得の種類が数多くあるときなど書ききれないときは、「所得の内訳書」をご利用ください。
このほか第二表の各欄で書ききれないときは、欄を分割して記入してください。

こちらのページでは、このほかの記載例も提供しています。