ここから本文です。

ホーム申告・納税手続所得税(確定申告書等作成コーナー)確定申告に関する手引き等平成25年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き 確定申告書A用申告に誤りがあった場合など

申告や納税について知っておきたいこと

申告に誤りがあった場合など

申告をした税額等に誤りがあった場合には、次の方法で申告内容を訂正してください。

  訂正方法
申告をした税額等が実際より少なかったとき 修正申告」をして正しい額に訂正する(※1)。
申告をした税額等が実際より多かったとき 更正の請求」をして正しい額への訂正を求める(※2)。
  1. ※1 誤っている申告額を自発的に訂正されない場合には、税務署長が正しい額に更正します。
  2. ※2 更正の請求ができる期間は、原則として法定申告期限から5年以内です。
    ただし、平成23年12月2日より前に法定申告期限が到来する所得税については、更正の請求ができる期間が法定申告期限から1年以内となりますので、ご注意ください。
    なお、法定申告期限から1年を過ぎた場合であっても、増額更正ができる期間内(3年)であれば、「更正の申出書」を提出して、既に行った申告について正しい額に訂正すること(減額更正)を申し出ることができます。
    申出内容が正当と認められた場合は、納め過ぎの税金が還付されます(純損失等の金額に係る更正については、増額更正ができる期間が異なります。)。詳しくは、国税庁ホームページをご覧いただくか、最寄りの税務署におたずねください。
  • ●期限内に申告することを忘れていた場合には、できるだけ早く申告するようにしてください。
    なお、申告の必要があるにもかかわらず、確定申告をされなかった場合には、税務署長が所得金額や税額を決定します。
  • ●税務署長が更正や決定を行う場合や提出期限に遅れて申告した場合などには、新たに加算税が賦課される場合があるほか、法定申告期限の翌日から納付日までの延滞税を併せて納付しなければなりませんので、ご注意ください。