ここから本文です。

ホーム 申告・納税手続所得税(確定申告書等作成コーナー)確定申告に関する手引き等平成23年分所得税の確定申告の手引き 確定申告書A用手順3 所得から差し引かれる金額(所得控除)を計算する

手順3 所得から差し引かれる金額(所得控除)を計算する

配偶者特別控除 第一表 13 第二表 1214

控除の概要

あなたに生計を一にする配偶者がいる場合で、配偶者の合計所得金額に応じて受けられる控除

<配偶者特別控除を受けるための要件>

次のいずれにも該当する場合です。

● あなたの平成23年分の合計所得金額が1,000万円以下である

● 配偶者が次のいずれにも該当する

イ. あなたと生計を一にしている

ロ. 青色申告者の事業専従者として給与の支払を受けていない又は白色申告者の事業専従者でない

ハ. 平成23年分の合計所得金額が38万円を超え、76万円未満である

二. 配偶者があなたを対象として配偶者特別控除を受けていない

※ 収入がパート収入(一般的には、給与所得となる)のみの配偶者の場合は、その収入金額から計算した給与所得の金額が、配偶者の合計所得金額になります。

※ 収入が公的年金等のみの配偶者の場合は、その収入金額から計算した雑所得の金額が、配偶者の合計所得金額になります。

※ 配偶者控除を受ける方(配偶者の合計所得金額が38万円以下の方)は、配偶者特別控除を併せて受けることはできません。

控除される金額

配偶者の合計所得金額 控除額
〜 380,000 円 0円
380,001円〜 399,999円 38万円
400,000円〜 449,999円 36万円
450,000円〜 499,999円 31万円
500,000円〜 549,999円 26万円
550,000円〜 599,999円 21万円
600,000円〜 649,999円 16万円
650,000円〜 699,999円 11万円
700,000円〜 749,999円 6万円
750,000円〜 759,999円 3万円
760,000円〜 0円

申告書の書き方

第一表

控除額を 13 に記入します。
配偶者の合計所得金額を 38 に記入します。

第一表 配偶者特別控除の記入例の図


第二表

1214配偶者(特別)控除・扶養控除」欄 に、配偶者の氏名・生年月日を記入し、「配偶者特別控除」の□ をチェック(チェック)します。

第二表 配偶者特別控除の記入例の図