ここから本文です。

ホーム申告・納税手続延納・物納申請等の手続について非上場株式等についての相続税・贈与税の納税猶予(担保の提供に関するQ&A)>(問7) 認定承継会社の特例非上場株式等の全部を担保として提供した場合に、その後の会社の資産状況等によっては担保として提供している非上場株式の価額が下落することも考えられます。このような場合は追加で担保提供が必要になるのでしょうか。

(問7) 認定承継会社の特例非上場株式等の全部を担保として提供した場合に、その後の会社の資産状況等によっては担保として提供している非上場株式の価額が下落することも考えられます。このような場合は追加で担保提供が必要になるのでしょうか。

(回答)

認定承継会社の特例非上場株式等の全部を担保として提供した場合には、非上場株式等についての納税猶予の適用については必要担保額に見合う担保提供があったものとみなします(みなす充足)。このため、担保として提供している非上場株式の価額が下落しても追加で担保提供を求められることはありません。
 ただし、担保として提供されている非上場株式等について、全部又は一部に変更があった場合には、みなす充足の取扱いが適用されなくなりますので(措70条の7の2第6項ただし書き)、この場合には税務署長から増担保の要求が行われることになります。

(注) 担保の全部又は一部に変更があった場合の例示については問8を参照してください。