国内市場が量的に飽和する中、内外の消費者に訴求するためには、商品の差別化・高付加価値化が求められています。
 その際、製造・販売を通じ、事業者目線だけでなく、消費者目線も踏まえた商品の開発・提案、消費者にとって分かりやすい価値訴求、商品のブランド化を進めることが重要です。
 そのような環境を実現していくため、マーケティングやブランディングの専門家から理論や事例等の講義を行うビジネスセミナーを実施いたします。
 参加対象者は、酒類業者(製造・流通)の方です。
 参加を希望される方は、以下の「日本産酒類の付加価値向上のためのビジネスセミナー(日程及び会場)」及び「開催案内」をご確認ください。