ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー贈与税贈与と税金>No.4414 離婚して財産をもらったとき

No.4414 離婚して財産をもらったとき

[平成27年4月1日現在法令等]

 離婚により相手方から財産をもらった場合、通常、贈与税がかかることはありません。これは、相手方から贈与を受けたものではなく、夫婦の財産関係の清算や離婚後の生活保障のための財産分与請求権に基づき給付を受けたものと考えられるからです。
 ただし、次のいずれかに当てはまる場合には贈与税がかかります。

  • 1 分与された財産の額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額やその他すべての事情を考慮してもなお多過ぎる場合
     この場合は、その多過ぎる部分に贈与税がかかることになります。
  • 2 離婚が贈与税や相続税を免れるために行われたと認められる場合
     この場合は、離婚によってもらった財産すべてに贈与税がかかります。

(相基通9−8、所基通33−1の4)

参考: 関連コード

3114 離婚して土地建物などを渡したとき

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。