ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー贈与税贈与と税金>No.4408 贈与税の計算と税率(暦年課税)

No.4408 贈与税の計算と税率(暦年課税)

[平成26年4月1日現在法令等]

 贈与税の計算は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。
 続いて、その合計額から基礎控除額110万円を差し引きます。
 次に、その残りの金額に税率を乗じて税額を計算します。
 ここでは計算に便利な速算表を掲載します。
 速算表の利用に当たっては基礎控除額の110万円を差し引いた後の金額を当てはめて計算してください。それにより贈与税額が分かります。

 平成26年までと平成27年以降では、速算表が異なるのでご注意ください。

平成26年までの贈与税の速算表
区分 200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,000万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 50%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 225万円

(例) 贈与財産の価額が500万円の場合(平成26年12月31日まで)

  • 基礎控除後の課税価格 500万円−110万円=390万円
  • 贈与税額の計算  390万円×20%−25万円=53万円

平成27年以降の贈与税の税率は、次のとおり、「一般贈与財産」と「特定贈与財産」に区分されました。

平成27年以降の贈与税の速算表

【一般贈与財産用】(一般税率)

この速算表は、「特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与税の計算に使用します。
例えば、兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親から子への贈与で子が未成年者の場合などに使用します。

区分 200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,500万円
以下
3,000万円
以下
3,000万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 175万円 250万円 400万円

【特例贈与財産用】(特例税率)

この速算表は、直系尊属(祖父母や父母など)から、一定の年齢の者(子・孫など)※への贈与税の計算に使用します。
※「一定の年齢の者(子・孫など)」とは、贈与を受けた年の1月1日現在で20歳以上の直系卑属のことをいいます。 例えば、祖父から孫への贈与、父から子への贈与などに使用します。(夫の父からの贈与等には使用できません)

区分 200万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,500万円
以下
3,000万円
以下
4,500万円
以下
4,500万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 30万円 90万円 190万円 265万円 415万円 640万円

(説明)

「一般贈与財産用」は、次の「特例贈与財産用」にならないものの贈与税額の計算に使用する速算表です。具体的には、例えば、1直系尊属(父母や祖父母など)以外の者から贈与を受けた場合(夫婦間や兄弟間の贈与)や2直系尊属からの贈与ではあるが、贈与を受けた年の1月1日現在において20歳未満の者の場合などが、これに該当します。

「特例贈与財産用」は、直系尊属(父母や祖父母など)から子・孫などの直系卑属の方(財産の贈与を受けた年の1月1日現在において20歳以上の者に限ります。)が贈与により財産を取得した場合の贈与税の計算に使用する速算表です。

○ 平成27年以降の贈与税の計算

具体的な税額計算は、次の例1〜例3の計算例を参考にしてください。

  • 例1 「一般贈与財産用」の計算をする場合
  • 例2 「特例贈与財産用」の計算をする場合
  • 例3 「一般贈与財産用」と「特例贈与財産用」の両方の計算が必要な場合

(例1)「一般贈与財産用」の計算(平成27年以降の計算)

例えば、次のような贈与の場合に、この計算方法になります。
直系尊属以外の親族(夫、夫の父や兄弟など)から贈与を受けた場合
直系尊属から贈与を受けたが、受贈者の年齢が財産の贈与を受けた年の1月1日現在において20歳未満の者の場合(20歳未満の子や孫の場合)

【一般贈与財産用】(一般税率)

この速算表は、「特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与税の計算に使用します。
例えば、兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親から子への贈与で子が未成年者の場合などに使用します。

区分 200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,500万円
以下
3,000万円
以下
3,000万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 175万円 250万円 400万円

(例) 贈与財産の価額が500万円の場合(「一般税率」を使用します。)

  • 基礎控除後の課税価格 500万円−110万円=390万円
  • 贈与税額の計算  390万円×20%−25万円=53万円

(例2)「特例贈与財産」の計算(平成27年以降の計算)

例えば、財産の贈与を受けた年の1月1日現在において20歳以上の子や孫が父母又は祖父母から贈与を受けた場合に、この計算方法になります。

【特例贈与財産用】(特例税率)

この速算表は、直系尊属(祖父母や父母など)から、一定の年齢の者(子・孫など)※への贈与税の計算に使用します。
※「一定の年齢の者(子・孫など)」とは、贈与を受けた年の1月1日現在で20歳以上の直系卑属のことをいいます。 例えば、祖父から孫への贈与、父から子への贈与などに使用します。(夫の父からの贈与等には使用できません)

区分 200万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,500万円
以下
3,000万円
以下
4,500万円
以下
4,500万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 30万円 90万円 190万円 265万円 415万円 640万円

(例) 贈与財産の価額が500万円の場合(「特例税率」を使用します。)

  • 基礎控除後の課税価格 500万円−110万円=390万円
  • 贈与税額の計算  390万円×15%−10万円=48.5万円

(例3)「一般贈与財産用」と「特例贈与財産用」の両方の計算が必要な場合

例えば、夫からの贈与と父からの贈与の両方がある場合など
以下、夫からの贈与100万円をA、父からの贈与400万円をB、として説明します。(贈与の総額が500万円の場合)

この場合には、次のように計算する必要があります。(「一般税率」と「特例税率」を使用します。)

  • 1 全ての財産を「一般税率」で計算した税額に占める「一般贈与財産」の割合に応じた税額を計算します。
    • 計算式 (A+B)を一般税率で計算した税額×A/(A+B)
  • 2 全ての財産を「特例税率」で計算した税額に占める「特例贈与財産」の割合に応じた税額を計算します。
    • 計算式 (A+B)を特例税率で計算した税額×B/(A+B)
  • 3 納付すべき贈与税額は、12の合計額です。

【一般贈与財産用】(一般税率)

この速算表は、「特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与税の計算に使用します。
例えば、兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親から子への贈与で子が未成年者の場合などに使用します。

区分 200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,500万円
以下
3,000万円
以下
3,000万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 175万円 250万円 400万円

【特例贈与財産用】(特例税率)

この速算表は、直系尊属(祖父母や父母など)から、一定の年齢の者(子・孫など)※への贈与税の計算に使用します。
※「一定の年齢の者(子・孫など)」とは、贈与を受けた年の1月1日現在で20歳以上の直系卑属のことをいいます。 例えば、祖父から孫への贈与、父から子への贈与などに使用します。(夫の父からの贈与等には使用できません)

区分 200万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,500万円
以下
3,000万円
以下
4,500万円
以下
4,500万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 30万円 90万円 190万円 265万円 415万円 640万円

(例)一般贈与財産が100万円、特例贈与財産が400万円の場合の計算

1この場合、まず、合計価額500万円を基に次のように計算します。
(全ての贈与財産を「一般贈与財産」として税額計算)

  • 500万円−110万円=390万円
  • 390万円×20%−25万円=53万円

(上記の税額のうち、一般贈与財産に対応する税額(一般税率)の計算)
53万円×100万円/(100万円+400万円)=10.6万円…1

次に「特例贈与財産」の部分の税額計算を行います。

2この場合も、まず、合計価額500万円を基に次のように計算します。
(全ての贈与財産を「特例贈与財産」として税額計算)

  • 500万円−110万円=390万円
  • 390万円×15%−10万円=48.5万円

(上記の税額のうち、特例贈与財産に対応する税額(特例税率)の計算)
48.5万円×400万円/(100万円+400万円)=38.8万円…2

(贈与税額の計算)

3贈与税額 = 1一般贈与財産の税額 + 2特例贈与財産の税額
上記の場合 110.6万円 + 238.8万円 = 49.4万円…贈与税額

(相法21の2、21の5、21の7、措法70の2の3、70の2の4)

参考 贈与税のしくみ(平成25年税制改正、平成27年以降施行されるもの)(PDF/1,408KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

・ 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。

※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。