ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー相続税相続税の計算と税額控除>No.4176 遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の相続税と贈与税

No.4176 遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の相続税と贈与税

[平成27年4月1日現在法令等]

特定の相続人に全部の遺産を与える旨の遺言書がある場合に、相続人全員で遺言書の内容と異なった遺産分割をしたときには、受遺者である相続人が遺贈を事実上放棄し、共同相続人間で遺産分割が行われたとみるのが相当です。したがって、各人の相続税の課税価格は、相続人全員で行われた分割協議の内容によることとなります。

なお、受遺者である相続人から他の相続人に対して贈与があったものとして贈与税が課されることにはなりません。

(相法11の2、民法907、986)

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。