ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー贈与税贈与と税金No.4114 相続税の対象になる死亡保険金>No.4114 相続税の対象になる死亡保険金

No.4114 相続税の対象になる死亡保険金

[平成27年4月1日現在法令等]

契約上の受取人以外の人が受け取った場合

Q

 生命保険金の受取人が子であったため、子が一旦生命保険金を受け取った後、妻である私と協議して分けることとしましたが、税金がかかりますか。

A

 子からあなたへの贈与となり、贈与税の課税対象となります。被相続人が保険料を支払っていた生命保険金は、相続税法上のみなし相続財産であり、本来の相続財産ではないため、遺産分割の対象とはならず、契約上の受取人が、相続又は遺贈により取得したとみなされ相続税の課税の対象となります。したがって、契約上の受取人以外の人が保険金を受け取った場合は、その人は、その契約上の受取人から贈与により取得したことになります。

(相法3、相基通3-11)

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。