ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー所得税所得額の計算と課税方法No.2240 申告分離課税制度

No.2240 申告分離課税制度

[平成25年4月1日現在法令等]

 所得税は、各種の所得金額を合計し総所得金額を求め、これについて税額を計算して確定申告によりその税金を納める総合課税が原則です。
 しかし、一定の所得については、他の所得金額と合計せず、分離して税額を計算し(この点が総合課税制度と異なります。)、確定申告によりその税額を納めることとなります(この点が源泉分離課税制度と異なります。)。これが申告分離課税制度です。
 申告分離課税制度となっている例としては、山林所得土地建物等の譲渡による譲渡所得株式等の譲渡所得等及び一定の先物取引による雑所得等があります。
 また、平成21年1月1日以後に支払を受けるべき上場株式等の配当所得については、申告分離課税を選択することができます。

(所法21、22、89、措法8の4、31、32、37の10、41の14)

参考:関連コード

2220 総合課税制度

2230 源泉分離課税制度

・ 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。

※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。