ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー所得税給与所得者と還付申告No.2035 還付申告ができる期間と提出先No.2035 還付申告ができる期間と提出先

No.2035 還付申告ができる期間と提出先

[平成25年4月1日現在法令等]

確定申告書を提出する義務のない給与所得者が還付申告できる期間

Q

 私は給与所得者ですが給与以外に所得はなく、また、給与についても年末調整をしているため、今まで確定申告をしたことはありません。しかし、過去に支払った医療費についても医療費控除の適用を受けることができると聞いたので、これから確定申告を行いたいと考えています。
 私が平成20年に支払った医療費について、今から医療費控除の適用を受ける申告は可能ですか。

A

 還付申告は、還付のための申告書を提出できる日から5年間の期間内に行うことができます。この「還付のための申告書を提出することができる日」とは、その年の翌年1月1日です。
 したがって、あなたの場合、平成20年分の医療費控除の適用を受ける申告は、平成21年1月1日から5年間、すなわち平成25年12月31日までの期間内であれば還付のための申告書を提出することができます。

(注) 12月31日は、還付金の消滅時効が完成する日であり、延長されることはありません。

(所法122、通法10、74)

・ 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。

※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。