ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー譲渡所得マイホームを買い換えたとき>No.3358 売った金額より少ない金額でマイホームを買い換えたとき

No.3358 売った金額より少ない金額でマイホームを買い換えたとき

[平成29年4月1日現在法令等]

 マイホームの買換えの特例を受ける場合、売った金額より買い換えた金額の方が多いときは、所得税の課税が将来に繰り延べられ、売った年については譲渡所得がなかったものとされます。
 売った金額より買い換えた金額の方が少ないときは、その差額を収入金額として譲渡所得の金額の計算を行います。
 所得税がかかる場合の譲渡所得の計算は次のようになります。

  1. (1) 収入金額の計算
    売った金額−買い換えた金額
  2. (2) 必要経費の計算
    (売ったマイホームの取得費+譲渡費用)×((1)÷売った金額)
  3. (3) 譲渡所得の計算
    (1)−(2)

(注) マイホームの買換え特例の適用要件については関連コード3355を確認してください。

(例)
売ったマイホームの金額が1億円、買い換えたマイホームの金額が7000万円、売ったマイホームの取得費が1000万円、 売るためにかかった費用が500万円の場合です。

  1. (1) 収入金額の計算
    売った金額−買い換えた金額=1億円−7000万円=3000万円
  2. (2) 必要経費の計算
    (売ったマイホームの取得費+譲渡費用)×((1)÷売った金額)
    =(1000万円+500万円)×(3000万円÷1億円)=450万円
  3. (3) 譲渡所得の計算
    (1)−(2)=3000万円−450万円=2,550万円

(措法36の2、措令24の2)

参考: 関連コード

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。