ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー法人税役員報酬・役員賞与など>No.5208 役員の退職金の損金算入時期

No.5208 役員の退職金の損金算入時期

[平成27年4月1日現在法令等]

  法人が役員に支給する退職金で適正な額のものは、損金の額に算入されます。その退職金の損金算入時期は、原則として、株主総会の決議等によって退職金の額が具体的に確定した日の属する事業年度となります。
  ただし、法人が退職金を実際に支払った事業年度において、損金経理をした場合は、その支払った事業年度において損金の額に算入することも認められます。

  1. (注1) 退職金の額が具体的に確定する事業年度より前の事業年度において、取締役会で内定した金額を損金経理により未払金に計上した場合であっても、未払金に計上した時点での損金の額に算入することはできません。
  2. (注2) 法人が退職年金制度を実施している場合に支給する退職年金は、その年金を支給すべき事業年度が損金算入時期となります。
      したがって、退職した時に年金の総額を計算して未払金に計上しても損金の額に算入することができません。
 

(法法34、法令70、法基通9−2−28〜29)

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。