ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー源泉所得税退職金と源泉徴収No.2732 退職金に対する源泉徴収>別紙 退職所得の源泉徴収税額の速算表

別紙 退職所得の源泉徴収税額の速算表

[平成27年1月1日現在法令等]

 課税退職所得金額(千円未満の端数金額を切り捨てた後の金額です。)から源泉徴収すべき所得税及び復興特別所得税の額は、次の速算表を使用すると簡単に求められます。

退職所得の源泉徴収税額の速算表
課税退職所得金額(A) 所得税率(B) 控除額(C) 税額=((A)×(B)-(C))×102.1%
195万円以下 5% 0円 ((A)×5%)×102.1%
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円 ((A)×10%-97,500円)×102.1%
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円 ((A)×20%-427,500円)×102.1%
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円 ((A)×23%-636,000円)×102.1%
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円 ((A)×33%-1,536,000円)×102.1%
1,800万円を超え 4,000万円以下 40% 2,796,000円 ((A)×40%-2,796,000円)×102.1%
4,000万円超 45% 4,796,000円 ((A)×45%-4,796,000円)×102.1%

(注) 例えば「課税退職所得金額」が700万円の場合には、求める税額は次のようになります。
(700万円×0.23-636,000円)×1.021=994,454円

 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
(注) 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。