ここから本文です。

ホーム税について調べるタックスアンサー源泉所得税特殊な給与>No.2588 学資に充てるための費用を支出したとき

No.2588 学資に充てるための費用を支出したとき

[平成28年4月1日現在法令等]

 使用人に、学資に充てるための費用を支給する場合があります。

 この場合には、支給したこれらの費用が次の1及び2の要件を満たしていれば、給与として課税しなくてもよいことになっています。

1 通常の給与に加算して支給する費用であること

 通常の給与に加算して支給されるものに限られますので、本来支給すべき給与の額を減額した上で、それに相当する額を学資金として支給するものなどは給与として課税されます。

2 次の(1)から(4)のいずれにも該当しない費用であること

 (法人の場合)

  1. (1) 役員の学資に充てるため支給する費用
  2. (2) 役員や使用人と特別の関係がある者(注)の学資に充てるため支給する費用

 (個人事業者の場合)

  1. (3) 事業に従事する個人事業者の親族(個人事業者と生計を一にする親族を除きます。)の学資に充てるため支給する費用
  2. (4) 使用人(事業に従事する個人事業者の親族を含みます。)と特別の関係がある者(注)(個人事業者と生計を一にする親族を除きます。)の学資に充てるため支給する費用

(注) 「特別の関係がある者」とは、次に掲げる者をいいます。

  1. 1 使用人の親族
  2. 2 使用人と婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者及びその者の直系血族
  3. 3 使用人の直系血族と婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者
  4. 41から3に掲げる者以外の者で、使用人から受ける金銭その他の財産によって生計を維持している者及びその者の直系血族
  5. 51から4に掲げる者以外の者で、使用人の直系血族から受ける金銭その他の財産によって生計を維持している者

(所法91十五、所令29、所基通9-14〜16)

 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
(注) 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。