ここから本文です。

ホーム高松国税局一般取引資料せんの提出>一般取引資料せんの光ディスク等による提出について

一般取引資料せんの光ディスク等による提出について

税務署では、適正・公平な課税の実現のため、法人及び個人の事業所得者の方々に「売上、仕入、費用及びリベート等」に関する資料の提出をお願いしております。

税務署への資料の提出に当たっては、光ディスク等(FD・MO・CD・DVD)により提出していただくことができます。

1 光ディスク等の規格

種類 FD
FD
MO
MO
CD
CD
DVD
DVD
サイズ 3.5インチ 3.5インチ 12cm 12cm
タイプ 2HD ISO/IEC 13963又は
ISO/IEC 15041
CD-R DVD-R
記憶容量 1.44MB 230MB又は640MB 650MB又は700MB 片面4.7GB
フォーマット MS-DOS(FAT形式) ISO9660(Level2)/Joliet※
記録コード シフトJIS
漢字水準 JIS第1水準及び第2水準

※書き込みは、ディスクアットワンス(シングルセッション)方式とする。

2 光ディスク等への記載事項について

(1) 光ディスク等のレーベル面・ラベルの記載事項

光ディスク等のレーベル面及びラベルには、1提出者名、2提出者住所、3局署整理番号、4提出内容、5掲出件数、6提出年月日を記載してください。

なお、CD又はDVDのレーベル面に記載する場合は、油性のフェルトペン等で記載し、筆先の硬い筆記用具は使用しないようお願いします。

【レーベル面・ラベルの記載例】

ディスク画像

(2) セキュリティの確保鍵画像

提出いただく光ディスク等には、取引先の情報など重要なデータが含まれていますので、搬送時における万一の事故等に備え、提出いただくデータに暗号化処理(自己復号型暗号化方式※)を行っていただきますようお願いします。

※自己復号型暗号化方式とは、ファイルの暗号化を行う際に、パスワードを設定して暗号化を行い、暗号化したファイルを受け取った者が暗号化ソフトがなくてもパスワードを入力することにより、閲覧等を可能とする(復号型)方式をいいます。

(3) 提出方法

光ディスク等には、「一般収集資料せん合計表」を添付して提出してください。

なお、「一般収集資料せん合計表」の摘要欄に「暗号化処理済」と記載し、併せて光ディスク等の「種類」及び「枚数」を記載していただきますようお願いします(「合計表の記載例」参照)。

【合計表記載例】

一般収集資料せん合計表