ここから本文です。

ホーム税について調べるパンフレット・手引き相続税・贈与税・事業承継税制関連情報>相続税・贈与税に関する社会保障・税番号<マイナンバー>制度

相続税・贈与税に関する社会保障・税番号<マイナンバー>制度

よくある質問(FAQ)

相続税に関するFAQ

贈与税に関するFAQ

税務関係書類への番号記載

 申告書等にはマイナンバー(個人番号)の記載が必要です。
 なお、申告書等の控えを作成される場合は、その控えにはマイナンバー(個人番号)を記載していただく必要はありません。
 相続税の申告書のマイナンバー(個人番号)の記載については、相続税の申告書には「マイナンバー」の記載が必要です!(PDF/2,587KB)をご覧ください。
 贈与税の申告書のマイナンバー(個人番号)の記載については、贈与税の申告書には「マイナンバー」の記載が必要です!(PDF/700KB)をご覧ください。

※ 相続税の申告書への被相続人の個人番号の記載に係る取扱いを変更しました。詳しくはこちらをご覧ください。

本人確認書類の提示又は写しの添付

 マイナンバー(個人番号)の提供を受ける際には、なりすましを防止するため、厳格な本人確認(番号確認と身元確認)が義務付けられています。
 したがって、個人番号を記載した申告書等を税務署に提出する際は、税務署で本人確認をさせていただくことになります。
 そのため、本人確認書類の写しを添付して提出する場合には、「本人確認書類(写)添付台紙」(PDF/113KB)をご利用ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。