ここから本文です。

ホーム税について調べるパンフレット・手引き>相続税・贈与税・事業承継税制関連情報

相続税・贈与税特集

相続税・贈与税・事業承継税制関連情報

■ 贈与税関係

平成27年以降に父母などから財産の贈与を受けた場合はご注意ください(暦年課税の場合)

(注) 一定の場合には、戸籍の謄本などの書類を提出する必要があります。

 平成25年度税制改正により、相続税法及び租税特別措置法の一部が改正されました。

 平成27年1月1日以後に相続若しくは遺贈又は贈与により取得する財産に係る相続税又は贈与税について適用される主な改正の内容は、次のとおりです。

 1 相続税

  • (1) 遺産に係る基礎控除額が引き下げられました。
  • (2) 最高税率の引上げなど税率構造が変わりました。
  • (3) 税額控除のうち、未成年者控除や障害者控除の控除額が引き上げられました。
  • (4) 小規模宅地等の特例について、特例の適用対象となる宅地等の面積等が変わりました。

 2 贈与税

  • (1) 相続時精算課税について、適用対象者の範囲の拡大など適用要件が変わりました。
  • (2) 暦年課税について、最高税率の引上げや税率の緩和など税率構造が変わりました。

 3 事業承継税制(相続税・贈与税)

  •  事業承継税制について、適用要件の緩和や手続の簡素化など制度の適用要件等が変わりました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。