ここから本文です。

ホーム国税庁概要・採用 女性職員の活躍

採用情報
女性職員の活躍

女性職員の声

勤続5年、名前杉本美香、所属・役職関東信越国税局総務部人事第一課給与第二係主任

  • 入庁から現在までの仕事の概要
  • 平成16年4月 国税専門官採用 専門官基礎研修
  • 平成16年8月 所沢税務署 個人課税部門 事務官 (調査担当)
  • 平成17年8月 専科研修 (〜平成18年2月)
  • 平成18年7月 所沢税務署 個人課税部門 事務官
  • 平成19年7月 関東信越国税局 総務部 人事第一課 給与第二係 事務官
  • 平成20年1月 関東信越国税局 総務部 人事第一課 給与第二係 主任
  • 現在に至る。
  • 今の仕事の魅力

 現在私は国税局総務部人事第一課で、給与事務を担当しています。給与の支給という仕事を通じて、税務職員をサポートしています。例えばお子さんが生まれた場合には、扶養手当が支給されます。それぞれ職員の生活環境が異なるので、当然手当の支給も個別になります。給与は生活していくための重要な要素の一つであり、迅速かつ正確に支給しなければなりません。常に緊張感を持って取り組むことが求められています。
 また、国税庁においては仕事と育児・介護を行う職員の両立支援策として育児休業や、育児時間、介護休暇などの制度があります。これらの制度の利用申請があったときには、給与の支給もあわせて変更します。仕事と家庭を両立したい、そんな職員に対して少しでも働きやすい環境を提供できる制度がある組織だということを、給与の支給という仕事から知ることができたのはいい経験であると感じています。

  • 目標

 自分の限界を作らずに、何事にも貪欲に取り組んでいくという姿勢を心がけています。どんな仕事であっても、その仕事をやる前とやる後では一歩成長している自分がそこにあるはずです。
 私が出会ってきた女性の職員は皆とても魅力的で、自分の確固とした考えがあり、組織の中で果たすべき職務を遂行しています。仕事を通じて成長する素敵な女性になりたいという向上心を持って、常日頃から行動しています。

  • 国税庁に就職する事を希望している女性へのメッセージ

 国の行政に携わる仕事−。その中でもとりわけ国税の組織は歳入の根幹を担う重要な機関として位置づけられています。
 国税の職場は、女性の割合が増え、活躍の場も多くなっていますが、女性の力を発揮する場面というとまだまだ未知数な部分もたくさんあると思います。これからの国税の組織を形成する担い手としても存分に力を発揮できる場でもあります。
 仕事では様々な職種の方と話す機会が多く、業務内容についても詳しく勉強しなければなりません。何事にも果敢にチャレンジすることで、気持ちで負けない強さは自然と身についてきます。多くの人々との交流を通して、自分の人生観も変わるかも知れません。まだ見ぬ自分と出会える、そんな仕事かもしれません。

一日の仕事のスケジュール

時間 内容
08:20 出勤
08:30 メールチェック。返信等
08:50 スケジュール確認
09:00 諸手当の認定、入力作業。また、それらの内容に誤りがないかの確認等
12:15 昼食
13:00 各種担当事務。個別案件等の処理
16:00 電話で給与の支給や、手当の要件に関する相談、回答、指導等
(仕事の整理等をして帰宅)

※所属等は平成21年当時のものです。