ここから本文です。

ホーム国税庁概要・採用経験者採用試験>業務内容

採用情報
経験者採用試験

業務内容

国税庁は、納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現することを使命とし、内国税の賦課・徴収を行う官庁として、国の財政基盤を支える重要な仕事をしています。 その中で経験者採用試験採用者は、国税局や税務署において、税のスペシャリストとして法律・経済・会計等の専門知識を駆使し、国税調査官、国税徴収官、国税査察官といった職種に分かれて活躍しています。
 経験者採用試験採用者には、豊かな教養と高度の専門知識はもちろんのこと、時代の変化に即応する強い精神力とバイタリティーが求められています。

  • 国税調査官

    納税義務者である個人や会社等を訪れて、適正な申告が行われているかどうかの調査・検査を行うとともに、申告に関する指導などを行います。

  • 国税徴収官

    定められた納期限までに納付されない税金の督促や滞納処分を行うとともに、納税に関する指導などを行います。

  • 国税査察官

    裁判官から許可状を得て、悪質な脱税者に対して捜査・差押等の強制調査を行い、刑事罰を求めるため検察官に告発します。