ここから本文です。

ホーム調達・その他の情報税理士試験情報税理士試験に関するQ&A受験地・試験場について

受験地・試験場について

問25 受験地を教えてください。

(答) 平成29年度第67回税理士試験は、北海道、宮城県、埼玉県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、京都府、広島県、香川県、福岡県、熊本県及び沖縄県において行います。試験は、一つの受験地で受験してください。
 なお、税理士試験受験願書受付後における受験地の変更は認めません。

問26 受験地は希望どおりになりますか。

(答) 平成29年度第67回税理士試験において、受験者は、次の112の中から受験地を希望することができますが、受験者数等の状況に応じて変更になる場合があります。

1北海道、2宮城県、3埼玉県、4東京都、5石川県、6愛知県、7大阪府又は京都府、8広島県、9香川県、10福岡県、11熊本県、12沖縄県

 なお、実際に試験を受ける会場(試験場)については、問27を参照してください(試験場の希望は受け付けません。)。

(注) 例えば大阪国税局に申し込んだ場合は、受験地は7大阪府又は京都府のいずれかになります(大阪国税局が受験地を割り振りますので、例えば受験者が京都府だけを希望することはできません。)。

問27 自分の試験場はいつ分かりますか。

(答) 実際に試験を受ける会場(試験場)は、受験者に交付する受験票に記載して通知します(受験者が具体的な試験場を選択することはできません。)。

 税理士試験に関するQ&A