ここから本文です。

ホーム調達・その他の情報税理士試験情報平成29年度(第67回)税理士試験出題のポイント財務諸表論

財務諸表論

出題のポイント

〔第一問〕

  1. 1 本問は、利益が期間配分の手続から導かれてくる事実と、期間配分の手続によることから利益が有する特徴に関する理解を問うものである。
  2. 2 本問は、現行企業会計の基本的な特徴のひとつであるクリーン・サープラスの関係に関する理解を問うものである。

〔第二問〕

  1. 1 本問は、「資産除去債務に関する会計基準」における資産除去債務の定義、会計処理の考え方及び資産除去債務の測定値の属性についての理解を問うものである。
  2. 2 本問は、資産除去債務の見積りの変更から生じる調整を、会計上どのように処理するかについての理解を問うものである。考えられる調整の各方法(アプローチ)の会計処理のあり方を踏まえて、これらの方法(アプローチ)の考え方の中で、「資産除去債務に関する会計基準」が採用した特定の方法(アプローチ)の考え方を採用した理由についての理解を問うものである。

〔第三問〕

 本問は、会社法及び会社計算規則の基本的な理解度を広範囲に問う問題である。資料を正確かつ横断的に読み取って、貸借対照表、損益計算書、附属明細書(販売費及び一般管理費の明細)及び注記(税効果会計に関する注記)を適切に作成できるかを問うものである。

  1. 1 現金及び預金について、その範囲、表示及び基本的な組み替え事項等に関する理解を問う。
  2. 2 金銭債権について、「金融商品に関する会計基準」における債権区分の考え方と貸倒引当金の会計処理に関する理解を問う。また、外貨建取引に関する理解を問う。
  3. 3 有価証券について、「金融商品に関する会計基準」における有価証券の評価方法等に関する理解を問う。
  4. 4 棚卸資産について、「棚卸資産の評価に関する会計基準」における棚卸資産の評価基準及び評価方法に関する理解を問う。
  5. 5 有形固定資産について、「固定資産の減損に係る会計基準」、「リース取引に関する会計基準」の理解を問う。
  6. 6 借入金について、貸借対照表における表示と利息に関する理解を問う。
  7. 7 従業員賞与について、賞与引当金の会計処理に関する理解を問う。
  8. 8 退職給付会計について、「退職給付に関する会計基準」の理解を問う。
  9. 9 配当金の会計処理に関する理解を問う。
  1. 10 諸税金について、納付税額等の会計処理に関する理解を問う。
  2. 11 税効果会計について、「税効果会計に係る会計基準」における繰延税金資産及び繰延税金負債等の会計処理と表示に関する理解を問う。