ここから本文です。

ホーム調達・その他の情報税理士試験情報平成25年度(第63回)税理士試験出題のポイント固定資産税

固定資産税

出題のポイント

〔第一問〕

  1. 固定資産の価格が決定され、土地価格等縦覧帳簿及び家屋価格等縦覧帳簿の納税者への縦覧期間を経た後で、固定資産課税台帳に登録された価格が修正される場合があるが、どのような場合に修正されるのか、その基本的な理解を問うものである。
  2. 家屋に係る固定資産税の課税を例に、固定資産税の賦課及び徴収、納期限に完納しない場合の督促及び滞納処分の内容について、基本的な理解を問うものである。

〔第二問〕

 税額の計算問題を通して固定資産税制度の理解力を問うものである。

  1. 土地に対する税負担の調整措置等や区分所有家屋の敷地の用に供されている土地に対する課税の特例及び区分所有家屋に対する課税の特例についての理解を問うものである。
  2. 1つの市町村の区域内に大規模償却資産が複数所在する場合の課税定額を増額する場合の計算方法についての理解を問うものである。