ここから本文です。

ホーム調達・その他の情報税理士試験情報平成24年度(第62回)税理士試験出題のポイント>事業税

事業税

出題のポイント

事業税 〔第一問〕

問1

 道府県知事による法人の事業税の決定について、正しく理解しているかを問うものである。主なポイントは次のとおりである。

  • 法人税の決定等に係る課税標準を基準とする所得割の決定
  • 道府県知事の調査による決定
  • 所得割の決定と付加価値割及び資本割の決定との関係
  • 分割法人に対する決定
  • 決定の通知

問2

 電気供給業及びガス供給業に係る法人の事業税の収入割について、正しく理解しているかを問うものである。主なポイントは次のとおりである。

  • 収入割の課税標準の算定方法
  • 収入すべき金額の総額から控除される収入金額
  • 託送供給を受けて電気又はガスの供給を行う場合の特例

事業税 〔第二問〕

 水産業及び物品販売業を行う個人に対する個人の事業税の課税について、正しく理解しているかを問うものである。主なポイントは次のとおりである。

  • 個人の事業税の課税対象となる事業
  • 個人の事業税の課税標準の算定方法
  • 個人の事業税の各種控除
  • 個人の事業税の税率

事業税 〔第三問〕

問1

 少額短期保険業に係る法人の事業税の算定について、正しく理解しているかを問うものである。主なポイントは次のとおりである。

  • 保険業(少額短期保険業)に係る収入割の課税標準の算定方法
  • 課税標準の総額の分割基準及び算定方法
  • 税額の算定(標準税率、制限税率)

問2

 鉄道事業、製造業及び非製造業(その他の事業)を経営する外形対象法人の事業税の算定について、正しく理解しているかを問うものである。主なポイントは次のとおりである。

  • 所得割の課税標準の算定方法
  • 報酬給与額、純利子支払額及び純支払賃借料の算定方法
  • 資本割の課税標準の圧縮措置
  • 課税標準の総額の分割基準及び算定方法
  • 税額の算定(標準税率、超過税率、制限税率)