ここから本文です。

ホーム調達・その他の情報税理士試験情報平成24年度(第62回)税理士試験出題のポイント>住民税

住民税

出題のポイント

住民税 〔第一問〕

問1

 本問は、個人住民税の扶養控除及び寄附金控除について、その意義と併せて制度の内容を正しく理解しているかを問うもので、主なポイントは以下のとおり。

  1. (1) 個人住民税の扶養控除及び寄附金控除の概要
  2. (2) 個人住民税の扶養控除及び寄附金控除と所得税における取扱いとの相違点

問2

 本問は、個人住民税の均等割について、その意義と併せて制度の内容を正しく理解しているかを問うもので、主なポイントは以下のとおり。

  1. (1) 個人住民税の負担分任の性格
  2. (2) 個人住民税の納税義務者、税率、非課税措置、負担の軽減及び賦課徴収

住民税 〔第二問〕

 個人の住民税(市町村民税・道府県民税)の税額の算出を通じて、個人住民税に関する地方税法の規定の適用についての総合的な理解を求めるもの。特に、税額の算出過程における所得税の取扱いとの差異、非課税となる者の範囲について正しく理解しているかを問うもので、主なポイントは次のとおり。

  • 給与所得控除
  • 公的年金等控除
  • 利子所得
  • 配当所得
  • 退職所得
  • 山林所得
  • 短期譲渡所得及び長期譲渡所得
  • 雑所得
  • 損益通算
  • 所得控除(人的控除、雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、 地震保険料控除)
  • 税額控除(調整控除、寄附金税額控除、配当控除、配当割額控除)
  • 所得割額及び均等割額
  • 非課税の判定