ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達相続税関係 個別通達目次>共かせぎ夫婦の間における住宅資金等の贈与の取扱について

直資58
昭和34年6月16日

国税局長 殿

国税庁長官 北島武雄

共かせぎ夫婦の間における住宅資金等の贈与の取扱について

 個人が住宅金融公庫等から個人住宅建設資金または敷地購入資金を借り入れて住宅または敷地を取得した場合において、当該借入資金の返済がその借入者以外の者の負担によってされているときは、その負担部分は借入者に対する贈与とみるべきであるが、当該借入者および返済者がいわゆる共かせぎの夫婦であり、かつ、借入資金の返済が事実上当該共かせぎの夫婦の収入によって共同でされていると認められるものについては、その所得あん分で負担するものとして取り扱われたい。
 なお、その借入者が贈与を受けたものとして取り扱う金額は、歴年ごとにその返済があった部分の金額を基として計算することにされたい。