ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達目次>第27条関係 滞納処分続行承認の決定があった場合の処理

第27条関係 滞納処分続行承認の決定があった場合の処理

1 滞納処分続行承認の決定の効果

 滞納処分続行承認の決定があったときは、強制執行による差押えは、滞納処分による差押え後にされたものとみなされる(この条1項)ので、第4条関係から第10条関係までに定めるところに準じて取扱う。

2 執行官からの動産の引受け

 滞納処分続行承認の決定があったときは、執行官は占有している動産を徴収職員に引渡すことになっている(この条2項において準用する法23条)が、その引渡しを受ける方法及び引渡しを受ける場合の処理等については、第23条関係に定めるところに準ずる(令16条において準用する令14条、規則29条において準用する規則25条)。


目次

● 滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律の逐条通達(国税庁関係)の全文改正について

● 引用の法令番号一覧表

● 主用省略用語一覧表