ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達通達目次/たばこ税法取扱通達>第2章 課税標準及び税率

第2章 課税標準及び税率

(「特定販売業者以外の者」の意義)

第17条 法第11条第2項《税率》に規定する税率が適用される「特定販売業者以外の者」とは、自ら輸入した製造たばこの販売を業として行うため、たばこ事業法第11条第1項《製造たばこの特定販売業の登録》に規定する財務大臣の登録を受けた者以外の者をいうのであるが、具体的には、海外旅行者、業務用消費者、輸入の許可を受けないで製造たばこを輸入する者などがこれに該当する。(平元間消1‐13、平12課消1‐62改正)

第18条 削除(平元間消1‐13改正)

第19条 削除(平元間消1‐13改正)

(パイプたばこ等の本数への換算方法)

第20条 パイプたばこ等紙巻たばこ以外の製造たばこを本数に換算する方法は、次によるものとする。(平元間消1‐13改正)

(1)  次の方法で製造たばこの個装等ごとの重量を計量する。

イ 葉巻たばこ以外の製造たばこの重量(包装又は容器の重量を除く。)は、原則として、個装等ごとに計量するものとする。ただし、当該個装等に重量が表示されている場合で、当該表示重量が適正であると認められるときは、当該表示重量を当該製造たばこの計量した重量として取り扱って差し支えない。

ロ 葉巻たばこの重量(包装又は容器の重量を除き、吸口部分として装着されたマウスピース等の重量を含む。)は、原則として1本ごとに計量する。ただし、製造たばこ製造者又は特定販売業者において、標準的な重量としているものがある場合で、当該重量が適正であると認められるときは、当該重量を当該製造たばこの計量した重量として取り扱って差し支えない。

ハ イ及びロの場合において、計量した重量にグラム位未満の端数があるときは、グラム位未満2位以下を切り捨て、グラム位未満1位にとどめる。

(注) 数本の葉巻たばこが収容された個装等ごとの重量は、収容された1本ごとの重量(上記によりグラム位未満1位にとどめた重量)に収容本数を乗じて得た重量として差し支えない。

(2) 前号により計量した個装等ごとの重量に、製造場から移出され、又は保税地域から引き取られた当該個装等の数量を乗じて、品目ごとの総重量を計算する。

(3) 前号により計算した品目ごとの総重量を、法第10条第2項《課税標準》に規定する製造たばこの区分ごとに合計し、これを同項に規定する換算割合で換算し、製造たばこの区分ごとの本数を計算する。この場合、計算した本数に本未満の端数がある場合には、当該端数を切り捨てるものとする。

2  前項第2号及び第3号の計算は、原則として、製造場から移出され、又は保税地域から引き取られた都度行うものとするが、製造場から移出されたものについては、1月分をまとめて行っても差し支えない。(平元間消1‐13改正)

第21条 削除(平元間消1‐13改正)

(端数計算等)

第22条 たばこ税の課税標準たる数量、課税標準数量及び税額の端数計算等は、次の各号による。(平元間消1‐13改正)

(1) 法第17条第1項第1号、第2号若しくは第3号《移出に係る製造たばこについての課税標準及び税額の申告》又は法第18条第1項第1号《引取りに係る製造たばこについての課税標準及び税額の申告等》に規定する課税標準たる数量又は課税標準数量は、製造たばこの区分ごとに算出するのであるが、この場合において、パイプたばこ等紙巻きたばこ以外の製造たばこについては、これら各号の規定の適用ごとに第20条《パイプたばこ等の本数への換算方法》の規定を適用して計算した本数となるのであるから留意する。
 なお、これにより算出された課税標準たる数量又は課税標準数量については、本未満の端数は生じないことに留意する。

(2) 課税標準数量に対するたばこ税額に1円未満の端数があるとき又はその全額が1円未満であるときは、その端数又は全額を切り捨てる。

(3) 法第16条《戻入れの場合のたばこ税の控除等》又は災害減免法第7条《控除》の規定による控除又は還付を受けるたばこ税額に相当する金額を算出する場合において、その金額に1円未満の端数があるとき又はその全額が1円未満であるときは、その端数又は全額を切り捨てる。

(4)  たばこ税の確定金額に100円未満の端数があるとき又はその全額が100円未満であるときは、その端数又は全額を切り捨てる。

(5) 還付金の額に相当するたばこ税額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨て、還付金に相当するたばこ税額が1円未満であるときは、その額を1円として計算する。