ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達消費税法基本通達>第4節 二以上の事業を営む場合のみなし仕入率の適用関係

第4節 二以上の事業を営む場合のみなし仕入率の適用関係

(二以上の種類の事業がある場合の令第57条第2項及び第3項の適用関係)

13−4−1 事業者が第一種事業から第六種事業までのうち二以上の種類の事業を行っている場合において、当該事業者の当該課税期間における課税売上高に占める一の種類の事業に係る当該課税期間における課税売上高の割合又は二の種類の事業に係る当該課税期間における課税売上高の合計額の割合が100分の75以上である場合には、令第57条第2項又は第3項《中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例》のいずれかを選択して適用することができるのであるから留意する。(平9課消2−5、平26課消1−8により改正)

(三以上の種類の事業がある場合の令第57条第3項の適用関係)

13−4−2 事業者が第一種事業から第六種事業までのうち三以上の種類の事業を行っている場合において、当該事業者の当該課税期間における課税売上高に占める一の種類の事業に係る当該課税期間における課税売上高の割合が100分の75以上である場合には、令第57条第3項第1号イからヘまで《中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例》のいずれかの規定に該当するとともに、同項第2号イからホまでのいずれかの規定にも該当することになるのであるが、この場合、事業者は該当する二以上の規定のうちいずれか一の規定を選択して適用することができるのであるから留意する。
 なお、当該課税期間における課税売上高に占める二の種類の事業に係る当該課税期間における課税売上高の合計額の割合が 100分の75以上の場合で、同項第2号イからホまでの二以上の規定に該当する場合についても、同様である。(平9課消2−5、平26課消1−8により改正)