ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達消費税法基本通達>第1節 実質主義

第4章 実質主義、信託財産に係る譲渡等の帰属

第1節 実質主義

(資産の譲渡等に係る対価を享受する者の判定)

4−1−1 事業に係る事業者がだれであるかは、資産の譲渡等に係る対価を実質的に享受している者がだれであるかにより判定する。

(親子間、親族間における事業主の判定)

4−1−2 生計を一にしている親族間における事業に係る事業者がだれであるかの判定をする場合には、その事業の経営方針の決定につき支配的影響力を有すると認められる者が当該事業の事業主に該当するものと推定する。

(委託販売等の場合の納税義務者の判定)

4−1−3 資産の譲渡等が委託販売の方法その他業務代行契約に基づいて行われるのであるかどうかの判定は、当該委託者等と受託者等との間の契約の内容、価格の決定経緯、当該資産の譲渡に係る代金の最終的な帰属者がだれであるか等を総合判断して行う。