ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達通達目次/揮発油税基本通達>第3節 輸出免税

第3節 輸出免税

(輸出の意義等)

第62条 法第15条《輸出免税》に規定する「輸出」とは、内国貨物を外国に向けて送り出すことをいう。

2 輸出先となる地域には、当分の間、本邦の地域のうち歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島を含むものとする。

(外国籍航空機等に積み込む揮発油に対する輸出免税)

第63条 外国の航空機又は船舶(以下次項において「外国機等」という。)に機用品又は船用品として積み込む内国貨物に該当する揮発油については、輸出免税の揮発油に該当することに取り扱う。

2 外国機等には、持主との契約により日本人が賃借し、日本人の機長又は乗組員を使用しているもの等実質的には本邦の航空機又は船舶(以下この条において「本邦機等」という。)と同様と認められる外国機等を含まないものとし、持主との契約により外国人が賃借し、外国人の機長又は乗組員を使用しているもの等実質的には外国機等と同様と認められる本邦機等を含むものとする。

(外国陸揚証明書)

第64条 令第9条《輸出証明書》に規定する「揮発油が外国に陸揚げされたことを証明した書類」は、揮発油を外国に陸揚げした事実について日本国政府の出先機関又は当該陸揚げした場所の所在地の所轄税関長が証明したものによることに取り扱う。