ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達基本通達・法人税法>第1節 通則

第11章 引当金

第1節 通則

(貸倒引当金等の差額繰入れ等の特例)

11−1−1 法人が貸倒引当金その他法に規定する引当金につき当該事業年度の取崩額と当該事業年度の繰入額との差額を損金経理により繰り入れ又は取り崩して益金の額に算入している場合においても、確定申告書に添付する明細書にその相殺前の金額に基づく繰入れ等であることを明らかにしているときは、その相殺前の金額によりその繰入れ及び取崩しがあったものとして取り扱う。