ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達国税徴収基本通達主要項目別目次>第188条関係 (質問不答弁、検査拒否等の罪)

第188条関係 (質問不答弁、検査拒否等の罪)

趣旨

1 法第188条は、徴収職員が法第141条《質問及び検査》の規定により質問又は検査をした場合において、質問又は検査を受けるべき者が、質問に対して答弁をしないとき、検査を拒否したとき等は、一定の刑罰を科することを定めたものである。

犯罪行為の態様

(偽りの陳述)

2 法第188条第1号の「偽りの陳述」とは、その陳述の内容が真実に反したものをいう。

(忌避等)

3 法第188条第2号の「拒み」とは、言語又は動作で検査を承諾しないことをいい、「妨げ」とは、検査に障害を与える行為をいい、「忌避」とは、積極的行動によらないで検査の対象から免れることをいう。

告発及び公訴時効

4 告発及び公訴時効については、第187条関係12及び13と同様である。