ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達国税徴収基本通達主要項目別目次>第126条関係 担保責任

第126条関係 担保責任

民法第568条の規定の準用

(民法第568条第1項の規定の準用)

1 差押財産を換価した場合において、民法第561条本文《売主の担保責任》、第563条第1項若しくは第2項《権利の一部が他人に属する場合の売主の担保責任》、第565条《数量の不足又は物の一部滅失の場合の売主の担保責任》又は第566条第1項若しくは第2項《用益的権利による制限がある場合の売主の担保責任》に規定する場合に該当するときは、その財産の買受人は、これらの規定に準じ、滞納者に対してその契約を解除し、又は買受代金の減額を請求することができる(民法第568条第1項)。この場合における買受人の権利の行使については、同法第564条《権利行使の除斥期間》及び第566条第3項《権利行使の除斥期間》の規定が準用される。

(民法第568条第2項の規定の準用)

2 1の場合において、滞納者が無資力であるときは、換価財産の買受人は、換価代金等の配当を受けた債権者に対して、買受代金の全部又は一部の返還を請求することができる(民法第568条第2項)。この場合における請求は、滞納者に対して解除権又は買受代金減額請求権を行使した上で、滞納者が無資力であることを証明したときにすることができる(大正8.5.3大判参照)。

(民法第568条第3項の規定の準用)

3 1又は2の場合において、滞納者が当初から物又は権利のけんけつ(欠缺)を知っていながらこれを申し出なかったときは、換価財産の買受人は、滞納者に対して、損害賠償の請求をすることができる(民法第568条第3項)。